MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

【NO.546「ボンデージ=拘束、どうしたらいい」】

<当時はズボンのベルト>

 先般のSMプレイグッズ紹介の記事で
7ボンデージベルト「7ボンデージベルト」
のことを書いたが、
>縄での緊縛が苦手とか
>急いで拘束しなければとか
>そんな時これだけ長さに種類があればいかようにもできそうだ
とその便利さを強調したのは、昔のSMプレイの自己反省によるものと言えるかもしれない。

 当時ようやくSMプレイのパートナーにたどりついたまではよかったのだが、いざプレイをするとなるとどうしたらいいのか、具体的には彼女をどう拘束すればよいのか、パニック状態になったと云ってもよかった。
 緊縛サークルで、何度か緊縛の練習をさせてもらったが、それこそふだん運転していないと、運転の感覚が身につかないのと同様に焦るばかりで、せっかく結んだはずの縄がいきなり解けてしまったり、逆に結び目が解けず終いにはハサミを使わざるを得ないという状況まで作ってしまった。

<拘束 参考動画>「猥褻拘束ダルマニア 灘ジュン」「猥褻拘束ダルマニア 灘ジュン」(四肢を拘束され身動きができない女、ただ男の性欲処理の為だけに存在する。性玩具、肉便器、精液容器、肉塊…)

 しかし、それで長年のSMプレイへの夢の実現を諦める訳にはいかなかった。
 そこで考えたのが、縄を使わなくても拘束するにはどうしたらいいのかということだった。
 その時ふと思いたったのが、自転車の後部に荷物を積む時に使うゴムのベルトだった。
 これなら簡単に手に入るのだが、あいにく留め金でうまく調節できなかった。
 何か、自在に調節できる物はないかと思って目についたのがズボンのベルトだった。
 これなら締めて、しかも簡単に留めたり外したりすることができるのである。
 もし、あの時代に上記で紹介したようなボンデージベルトがあったら、私のSM志向もまた異なったものになっていたかもしれない。

<拘束オナニー>

 愛子(仮名)は、鞭やロウソクを使われること、また浣腸等アナルを弄られることも嫌っていた。

「縄でも、ベルトでも、何でもいいから、私を身動きできないようにして」

 一言で言えば、彼女の願いはこれに尽きるのである。
 後はそのままでバイブを挿入して抜けないように固定し、バイブの電源を入れっぱなしにしておけば、残された私の役割は後でその拘束を解くことだけだった。
 何のことはない。
 彼女のオナニーを手助けしているようなものだった。

(拘束オナニー 参考動画)「千態万状拘束とオナニー」「千態万状拘束とオナニー」(様々な拘束プレーを集めた本作。オナニーや、淫らな形に拘束さてた女をチョメチョメ!・・・)

 ただ、この時拘束の練習というか、色々お試しができたのが、
「縄でも、ベルトでも、何でもいいから」
という言葉によるものだった。

 縄は単純に身体にグルグルと巻き付けるだけで、麻縄や縄跳びの縄、前述したような自転車の荷台用のゴムベルト、ゴムホース、そしてズボンのベルト等々・・・。

「今日はどうするの」

 何だか彼女も次々に私が持ち込んでくる拘束グッズに興味深々のようだった。
 結局自分にとっては革の拘束具を使うのが一番合っているという結論に達することができた。
 しかも、革の拘束具を複数の種類を使う(例:「イージーアクセススリング」「イージーアクセススリング」「イージーアクセススリング」)ことより、バラエティに富んだ拘束が可能なことも理解したのである。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考緊縛・拘束画像20枚【4】
   第108夜 【「SM専門用語」について】 
   拘束された女子は美しい。被虐美。拘束フェチ画像まとめ
   何処まで揃えるのか?SEX/ファッキングマシーン&拘束具
   新品バストハーネス

【SMゲーム:キーワードが"ボンデージ・拘束”のアドベンチャー】

★「『指導』だよ……君の為の特別な、ね……」——凄腕学生指導教員の裏の顔は、ド鬼畜“性奴指導員”!気が狂いそうな肉体改造快楽責め!エロゲー界の極北“アイル【チーム・ラヴリス】”が放つ学園超絶変態指導AVG!
性奴調教指導室~変態拘束教育課程~
作品形式:アドベンチャー
その他:音声あり音楽あり
ジャンル:女教師学校/学園陵辱SM調教鬼畜巨乳/爆乳人体改造
価格:5,960円

<ボンデージ・拘束 参考動画>「「LIPSTICK」BONDAGE LIFE VOL.3 灯月いつか」「「LIPSTICK」BONDAGE LIFE VOL.3 灯月いつか」(頬染め後手縄拘束、全身縛り猿轡放置、視姦パンティ下ろし、自虐顔面崩壊、畳上芋虫もがき、パンスト仰け反りホッグタイ、赤面アンティーク狸縛り、極薄レオタード逆さ吊り鑑賞、苦悶胡坐縛り、制服少女電撃急襲 etc. ジャポニスム×ドラマティック×ボンデージ=変態椿姫・灯月いつかの神憑かりなほどイッてる裏社交界のセクシュアル・オペラ! )

★「す、好きにしても… いいですよ?」 SMの拘束具制作が趣味の主人公と、おとなしめな外見とは裏腹に貪欲な性欲を持つ千枝里。 二人の関係はどんどんディープにエスカレートしてゆく。
す、好きにしても… いいですよ?~家庭教師と教え子のアブノーマルな関係~
作品形式:アドベンチャー
その他:音声あり
音楽あり:体験版レンタルあり
ジャンル:首輪/鎖/拘束具ムチ/縄/蝋燭道具/異物ボンデージ屋外調教淫乱複数プレイ/乱交アナル処女
通常購入価格:1,512円
レンタル価格:540円 レンタル期間3日間

◆◆ご紹介のSMゲームを楽しまれた方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMゲームをご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMゲームの感想、オススメのSM系ゲーム 

参考お姫様を調教して堕としていくエロゲーム 【無料エロゲー】
ボンテージ姿のセクシーな痴女におっぱいで責められたくなるエロ画像♪
手錠で拘束された奴隷女のエロ画像30枚
桐嶋りの SMボンデージスーツで拘束されビンタやイラマチオされるおっぱい画像
輪姦・拘束!完全に犯されてる女のエロ画像32枚

SM映画・本【NO.272「ビザール・コレクション」】

<テーマ選択ポイント>
 ジョン・ウィリーの拘束美

<あらすじ>
 1946~1956年アメリカ…ボンテージ・アートの先駆者ジョン・ウィリーは自ら発行した『ビザール』誌で、“拘束された女性の極限の美しさ”を追究した。
 編集発行人、イラストレーター、写真家、ライターと一人四役をこなしながら刊行した20巻―。
 本書はその10年間の掲載作品から、自由な表現を求め続けたJ.ウィリーによる傑作イラスト&フォト、興味深い読者投稿なども含め厳選収録した初めての日本版

<本>

 著:ジョン ウィリー 訳:船津 歩、 大類 信
 出版社:二見書房 発行年:1998年
(本作品に映画はありません)


<参考:ジョン・ウィリー>

 ジョン・ウィリー (John Willie 1902年12月9日-1962年8月5日)はアメリカ合衆国で活躍したフェティッシュカメラマンおよびボンデージアーティスト。
 本名はジョン・アレクサンダー・スコット・コッツ(John Alexander Scott Coutts)
(1946年から「Bizarre」を主宰)
 シンガポール出身で1930年代までイギリスで育つ。
 1947年か48年まではオーストラリアで生活しており、絵画の技術を身につけたのもその頃だとされる。
 1946年から1959年まで発行された「Bizarre(ビザール または ビザーレ)」を主宰し、ニューヨークで話題の人物となった。
 「Bizarre」はアービング・クロウなどのフェティッシュなカメラマンを生むと同時に、エネグ(ENEG)やスタントン(Eric Stanton)などのボンデージアーティストを輩出した。
 彼自身もボンデージマニアとして美麗なイラストストーリーや小説を発表している。
 その中でももっとも有名なのが「スウィート・グウェンドリン(Sweet Gwendoline)」のシリーズである。
 正確なデッサンにもとづくこのイラストストーリーは評判となり、多くの派生作品や後継作家を生みだした。
 一方で「Bizarre」に寄せられたウィリーの妻の告白文(多分にフェティッシュな内容を含む)がでっち上げであると告訴されるなど、経営に苦しむと同時に、テネシー州から起こったポルノ排斥の動きに押されたうえに、脳腫瘍を患い「Bizarre」をアービング・クロウにまかせ、イギリスに戻り1962年に死亡した。
(雑誌「Bizarre」)
 「Bizarre」はノー・ヌード、ノー・セックスを掲げ美しい女性の拘束された写真やイラスト、ストーリーを掲載した。
 必ずしも裸や性行為をあからさまにしなくてもフェティッシュなエロティシズムを感じることのできる購買層が熱狂、出版側も規制対象となるヌードを外した後にボンデージマグと呼ばれる類いの雑誌を刊行し、ボンデージというジャンルを確立させた。
(ウィリーの嗜好)
 女性の縛られる姿を好んだウィリーは、数多くのロープワーク解説のイラストを残している。
 またコルセットなどにより「蜂の胴」とも言われる細く締め上げられたウェストを好み、自筆のコミックでは、最後には胴が消えて無くなるまで細くダイエットする女性の姿がコミカルに描かれている。
 また、ポニーガールというテーマも好み、「The Magic Island」、「From Girl to Pony」という挿絵入り小説では、馬として使役される女性の姿を描き、同好の士を大いに喜ばせた。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 これらの絵や写真は、古い時代の日本のSM雑誌を見ているようだ。 

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考ビザールコレクション
   奇妙な本棚 (ちくま文庫)
DTI
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール