MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

<パートナー探しのサイン>

NO.264【ハンカチコードの活用】

<パートナー探しのサイン>
 以前多くの方が、SMパートナーを探しに苦労されていると聞いて、一つのアイデアとして、SM志向のある者だけがわかる指サインのようなものを決めて互いに提示してはどうかと考えた。

 これは某SMバーで、注文した飲み物のコースターの色分けにより、SかMか、どちらでもない志向かを表していたことがヒントだった。
 これを応用して、例えば、チョキでグーを切るような組み合わせはS志向、チョキでパーを切るような形はM志向、親指と親指を重ね合わせ鳥や蝶が羽ばたくような形を作るとSでもMでも可等である。

************************************************
<パートナー探し参考>
MeetSM 女性会員向けMeetSM 女性会員向け
MeetSM 男性会員向けMeetSM 男性会員向け
************************************************

 つまり、出会いの場でそのサインにより求めている相手を探しやすくしようというものである。
 ただ出会いもさることながら、まず相手が信頼できないとパートナーとしての受け入れができないという女性達の意見により、実際このサインを実行することはできなかった。

 ところがアメリカ等では既に似たようなことが行われているという。
 それが”ハンカチコード”(HANDKERCHIEF CODES)である。

 つまりある特定の色のハンカチを服から垂らすことによって、その意思のあることを示すというものである。
 元々はゲイの世界で始まったようだが、次第に全ての男女にも適用できるようにと広がったらしい。 

************************************************
<生 パートナー探し>
「婚活でようやく見つけた男にフラれそうになった女は必死の形相で男を食い止め、言う事をなんでも聞いてヤリまくる!!」
************************************************

<色と性志向>
 例えば、以下のような色と性志向の関係である。
 但し、以下の色と性志向が不変的なものとは限らない。
(性的志向のグループや団体等により異なる場合がある)

(例:Wikipediaの「ハンカチコード」より) 
ブラック: S&M  
赤 : フィスティング (指、手等の挿入)
ダークブルー: アナルセックス
水色 : オーラルセックス
黄色 : ウォータースポーツ (尿浴び、飲尿、浣腸等)
ブラウン: スカトロ
グリーン : ハスラー( 売春)
オレンジ : 何でも、いつでも、どこでも(誰でもあるとは限らない)
紫 :ピアス
グレー: 緊縛


 (例: 「トンデモ超変態系」の「ハンカチコード」より)
  黒:ハードSM
  紺青:アナルセックス
  淡青:オーラルセックス
  緑色がかった明るい青:ソフトSM
  茶:嗜糞症
  グレー:ボンデージ
  緑:売春
  ラベンダー:グループセックス
  レモン:カテーテル
  えび茶:吸血愛好/月経
  マスタード:食物愛好
  濃黄緑色:コスチューム/ミリタリー愛好
  オレンジ:オールラウンド
  ピンク:乳房/乳汁愛好
  紫:ピアッシング
  赤: フィスティング (指、手等の挿入)
  白:初心者
  白いレース:コルセットなど
  黄:嗜尿
   (SMの場合、左側に付けるのがS、右側の付けるのがM)


 
 ただ、相手の示すハンカチによって志向がわかったとしても、本当に自分の求めている願望とイメージが合っているとは限らない。

 例えば、S&M志向の場合でも、どういうプレイが好みなのかは、個人々々によって異なるからである。
 よって、サインが合ったとしてもあくまでヒント程度と考えるべきだろう。

 予め色と性志向を明確にして、ハンカチコード着用をドレスコードにするようなパーティを開いても面白いかもしれない。

◆◆ハンカチコードの着用の体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:出会い系 SMパートナー痴女club エスエムパートナー痴女クラブ 調査報告
   SM調教パートナーなら!
   4月28日 SMパートナーの見つけ方

・・・わたしもお浣腸に興味がありますが、まだそのことを誰にも言えないでいます

【11/23(金)「ほとんどイチジク浣腸がお友達」】

 SM情報サイトMドリーム及びメールマガジンMドリーム、及び当ブログをご覧になった方から以下の通りお便りがありました。

「初めまして、トリと言います。
 この間の【浣腸講座が開かれる】という記事をたいへん興味深く拝見しました。
 わたしもお浣腸に興味がありますが、まだそのことを誰にも言えないでいます。
 本当は、ああいう講座とか、浣腸劇に参加して見てみたかったのですがとても勇気が出ません。
 ほとんどイチジク浣腸がお友達という状態です。
 でも、やっぱりそれだけではおさまらないのです。
 いきなり誰かにガラス浣腸器をという訳にはいきませんが、そろそろイチジクは卒業したいと思っています。 
 次は何がいいでしょうか」(トリ)

************************************************
<生 浣腸>
「○○薬漬けイジメ学級 優等生がアナル・二穴ファック・パイパン・浣腸で∞(無限)発情 中野ありさ」
************************************************

★トリさん便りありがとうございました。
 浣腸の願望がおありの方のようですが、今回のご質問は、グッズの選択という意味でよろしいでしょうか。
 SMプレイとして私自身が浣腸の階段を踏んできた流れで言えば、
  「イチジク浣腸器」→「ガラス製浣腸器」(50cc→100cc→200cc)→「エネマシリンジ」「エネマダッチキット」「イルリガードル」(500cc→1000cc→2000cc)
となりますが、これはプレイのステップアップ=浣腸の量の増加ということになります。
 ただ、パートナーによっては、相手に注入されるという感触を大切にするために、ガラス製浣腸器やゴムのポンプ(例:洗菊
洗菊
)にこだわった場合もあります。
 また、操作というより、物理的な力で有無を言わせずどんどん注入されてしまうことに被虐を感じる方の場合は、ガラス製浣腸器の次はイルリガードルや電動式のエネマ(例:「電動エネマ」)を求めた場合もあります。
 そういう意味では、それぞれ浣腸に何を求めるかによって異なったようです。
 さて、トリさんの場合はどうでしょうか。  
 またのお便りを楽しみにしております。 
 (SM情報サイトMドリーム主宰 川口青樹)

参考:浣腸プレイのコツ
   200cc浣腸器購入
   マコ日記 第5回 浣腸の歴史
   まりこ、浣腸されて、お尻をペニスで、かき回されちゃった
   ドM嬢と浣腸噴出プレイ 2

<三寸金連>

NO.263【足技奴隷】

<三寸金連>
 足技と言っても柔道等武道のそれではない。
 ご主人様へのご奉仕に”足”を最大限に活用するというものなのである。
 
 足を性の道具として珍重したのは中国である。
 纏足(てんそく)という言葉を聞かれた方もいると思う。

 これはその当時の美人の条件が、いや女性のたしなみと云った方がよいかもしれないが、小さい足=小脚(または小足)だったことによる。

 この小脚を美的に表現すると、妖艶な小説「金瓶梅」の主人公の一人と同名の”金蓮”というのだそうだが、幼いころから矯正した結果、三寸金連(約9cm)が理想だったという。

では、どのようにその足を楽しんだかと言えば、
  ・耳の楽しみ(例:「聴」 足音を聞く)
  ・目の楽しみ(例:「窺」盗み見る)
  ・鼻の楽しみ(例:「臭」鼻を素足にあててかぐ)
  ・口の楽しみ(例:「呑」すっかり口にふくむ)
  ・テクニック(手以外)(例:「挟」脇の下で足を強くはさむ)
  ・テクニック(手)(例:「握」握る)

等々とてもこれが足に対してだけとは思えない楽しみ方があったようである。

 そして、それらを実行するための「足乗せ台」と呼ばれる専用グッズがあったそうだ。
 
(参考資料:「中国五千年 性の文化史」 

************************************************
<生 美脚>
パンストが似合う長身スレンダーお姉さん 三上香里菜
************************************************

<両足首を縛られた紐を高く左右に持ち上げられ>
  本題の”足技奴隷”だが、その名も”藩金蓮”と命名されている女性がいる。
 元々は某SMクラブの女王様だったそうだ。

 子供の頃は、筋肉のこりに悩んでいる父親のうつ伏せに寝ている背中に立ったまま乗り、足でマッサージをしたというのが、彼女にとっては足を使った最初の奉仕だったという。

 OLの仕事に飽きたらず、気が付いていたらSMクラブで働いていたということだが、それ自体はごく普通の路線である。

 彼女の得意技は、足をつかった責めで、それを器用に飴とムチとして使い分け、多くのM男リピーターを抱える売れっ子になった。

 それが、人の紹介により、Zと呼ばれる人物と出会いすっかり気に入られたらしい。
 Zという人物の国籍は定かではないが、中国の官能小説「金瓶梅」
(例:「金瓶梅」(本)、金瓶梅(きんぺいばい) <上巻>(DVD動画)
の大ファンで書籍・映像・資料に至るまでその収集は自宅の一室を専用書庫とするくらいのものだということだ。

 そして”藩金蓮”と名付けられた彼女に求められたのは、まさに小説の中の藩金蓮役そのものを演じる、と云うより成りきるということだった。

 例えば物語の中の「藩金蓮、葡萄棚で酔う」のシーンの、葡萄棚の下で、全裸で仰向けのまま両足首を縛られた紐を高く左右に持ち上げられ、開かれた局部めがけて李が投げ入れられること等が行われたそうだ。
 
 さすがに纏足はしないまでも、そのZという人物は、藩金蓮役の彼女に物語イメージに近い衣装や履物を数多く用意したそうだ。
 そうした中、特に彼女がZに喜ばれたのが、足を使ったご奉仕だった。

 藩金蓮と呼ばれるようになった時点では、彼女はS女王様というよりM女役に転身したようなものだそうだが、難なく受け入れたそうである。
 そして、今では自分の足技でご主人様が満足されることに喜びを感じているのだそうだ。
 
◆◆SMまたは性の足技の体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:足フェチの為の脚フェチ情報!東京SMクラブ編
   この脚の動きに・・・・
   ふぅ。足フェチじゃないけどこの画像で抜いた・・・【30枚】

<SMパートナー探しMeetSM 女性会員向け
MeetSM 女性会員向け
<SMパートナー探しMeetSM 男性会員向け
MeetSM 男性会員向け
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール