MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

夫婦の結びつきとSM

 今までお会いした方々の中では、SMのキッカケとして、
”元々興味を持っている”ところから始めたというケースが圧倒的である。
 だが、”夫婦”という一つの枠組みから見た場合は、以外にも夫婦円満や夫婦の結びつきに
”SM”
が関わっている。
  
 例えば、もう相手に惹かれて惹かれてたまらないというような場合で、ただ相手の好みがSMだった。
 →「ごくありふれた夫婦のSM生活」(SM調教変態小説集「ごくありふれた夫婦のSM生活」に収録)

 例えば、子供のいない夫婦が受けた性的な刺激がSMだった。
 →「熟年プレイスワップ」(SM・熟女短編小説集「叔母様排尿奴隷」に収録)

 例えば、ふだん淫乱な妻に好きにさせているが、日曜日だけは完全に夫の奴隷となるというケース。
 →「日曜は主人のいいなり」(変態短編小説集「日曜は主人のいいなりに収録)
 
 むろん、夫がSとは限らない。
 →「変態夫婦の秘訣」(M男調教短編小説集「逆輪姦奴隷に収録)

 いずれも、体験、告白等をヒントにして描いているが、
 夫婦という社会的構成の重要な単位を維持していく上で、
 どうやら"SM”は一役買っている
らしい。

参考:ぬぎぬぎ その3
   泉美木蘭
   縄奥小説【愛・友情・愛欲・セックス・荒縄・ろうそく・SM・レズ・夫婦愛・異愛・レイプ・パンスト】

ロリータな世界へ

 ナボコフの「ロリータ」、谷崎潤一郎の「痴人の愛」の二作の小説は、どちらを先に読んだのか、また、どちらの映画を先に見たのか、いずれもかなり以前のことになるので、はっきりと覚えてはいない。

 ライター活動を行うに当たって、最初に採用された小説が、三部作SM・アナル・ロリ小説「お尻の妖精」だった。
 SM系の作品は実体験や、SM情報サイトMドリームを通じて、SMに興味がある方々、SMファン、SMマニアによって情報が豊富で題材には事欠かなかった。
 
 だが、ロリの世界となると、もはや完全に情報が欠落した妄想の世界でしかなかった。
 改めて、「ロリータ」、「痴人の愛」を読み返したものである。 

 そして、いくつかのロリータ風の小説を書き、それに付随して少しずつ情報が入るようになり、現在では逆に欠かせない素材の一つとなっている。
 例:「母娘スカトロ地獄」、「女子孤児院地獄」(SMスカトロ短編小説集「母娘スカトロ地獄」に収録)

 また、SMの馴れ初めのキッカケから物語を展開する場合、幼い頃の体験話は導入がしやすいのである。
 例:SMスカトロ小説 「スペシャルスカトロ嬢」

 今では、ロリ近親相姦短編小説集「お兄ちゃんの蜜棒」のように私にとってのベストセラー1位、2位を争う作品になっているものもある。
 きっとこれからもこの世界のテーマではたくさん書いていくことになるだろう。

 ★★上記の小説をお読みになられた方は感想をお寄せ下さい
 ☆☆川口青樹の作品でお好みの作品をお知らせ下さい

【フェティッシュな世界3】

 フェティッシュ=フェチとは、
「こだわり」
だと思っている。

 例えば、私の場合、子供の頃の好きな香りの一つは、黒板消しから発せられるチョークの臭いだった。
 どうしてそうなったのかはわからない。
 学校の授業が終わり、当番で教室の清掃をする時、窓際で黒板消しをはたいてチョークを落とすという作業があった。
 あまり強くはたくと、部屋の中まで煙で満たすようになってしまうのだが、気がついた時には、それが妙に芳しかった。
 以来、友達がいやがるこの作業を一手に引き受けていた。 

 大人になって、友人の××が密かに明かしてくれたのは、女性の履物の臭いー履いた後の臭い好きだということだった。
 だから、履物を預かる下足番のような仕事を好んで引き受けているという。
 このヒントで生まれた小説が、「我がパフューム」(SM・獣姦・フェチ短編小説集「マインド病棟」に収録)である。

 また、アルバイトで知り合った△△が、密かに見てしまった女性は、ラブホテルに残されたコンドームのスペルマをすすっていたという。
 このヒントで生まれた小説が、「ラブホテルフェチ」(フェティッシュ短編小説集「恋人はラバー」に収録)である。 

 サラリーマン時代、ある日を境に、「妙だ」「妙だ」としきりにつぶやくようになったのは、社内でも評判のいい同僚の□□だった。
 「いったい、何が妙なんだい」と聞くと、彼は自分の身辺に起こった様々な出来事をぽつぽつと語った。 やがて数ヶ月の後、警察からの呼び出しにより、□□の直感が本当だったことがわかったのだった。
 このヒントに生まれた小説が、「変態フェチガール」(変態・フェチ短編小説集「シーメ-ルピクニック」に収録)である。 

★★上記の小説をお読みになられた方は感想をお寄せ下さい
☆☆川口青樹の作品でお好みの作品をお知らせ下さい
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール