MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

【獣との交わり】

 今までSM、アナル、フェチ、ロリ、レズビアン、近親相姦、熟女等、自分の嗜好と掲載雑誌の意向等を併せて様々分野の官能小説を書いてきた。
 そして、最後に手をつけたのが”獣姦” ものだった。

 第一号は獣姦・ロリ・アナル短編小説集「ダブル獣道」である。

 きっかけは、海外の獣姦ものの映画を見たことだった。
 映画の内容とはまったく異なるのだが、映画を見ながら、既にもやもやと頭の中で小説の設定が浮かんでいた。 
 
 ・・・幼い日より犬に慣れ親しんだ娘が恋に破れた時、その身体を許すまで選んだ相手とは・・・
 
 驚いたことに、小説掲載後読者から予想外の反応があった。

 こうして、
  獣姦・アナル・変態短編小説集「お犬さま風俗」 交尾がうまくできないオス犬に自信をつけさせてくれる店があるという・・・)

  獣姦・近親相姦・変態短編小説集「獣交王国」(決して妊娠しないSEXペットが大流行、いずれは社会問題になるかもしれなかった・・・)

  獣姦・SM・変態短編小説集「ケモノみち」(プリンセスとまで呼ばれた美貌の女講師が囲まれた自然の中で見たものは・・・)

 「第三の慰安」(SM・獣姦・フェチ短編小説集「マインド病棟」に収録)(占領地で敵市民も遊び女も皆殺しにしてしまった兵士達と王以外男がいなくなった故国の女性達は・・・) 

と続いた。

 書いてみて思うのだが、人と獣との間で性的なつながりができると、いずれかに隷属してしまうような形にしてしまうというのは、やはりメインの小説テーマがSMのせいなのだろうか。

【白衣の天使達】 

 女性の看護士、と言うより”看護婦さん”といった方が親しみがわく。
 実際私自身も事故による怪我等で、実に4回も入院しお世話になってしまった。
 恐らくこの仕事が務まれば、世の中のどのような仕事でもこなせるのではないかという尊敬の念と、人間的な女性の優しさに甘えてしまうくらいの存在だった。
 今日でこそ、看護士も色々な色や型の服が多くなったが、やはり”白衣の天使” の言葉通り白衣姿が一番清楚である。

 そして、”白衣の天使”であるからこそ、”逆にもしS女、M女としての存在であったらと”、さらにエロスを感じて想像してしまうのである。

 「SMプレイ病棟」(SM・アナル短編小説集アナル・バーに収録)では、病院再建のため新任の事務長とそのSMプレイ相手兼レズの婦長が、病院内で現役看護婦をM嬢としてプレイさせていった。

 「お尻の天使(病院編)」(SM・アナル短編小説集アンドロジニーの好みに収録)では、難病の若者達を抱える病院で白衣の天使たちが行った奉仕として現した。

 SM・獣姦・フェチ短編小説集マインド病棟では、マインドコントロールにより人を自在に操る医師を登場させ、看護士、患者までも、毒牙にかけていく想定にした。

 ”白衣の天使達よ、永遠なれ!” 

【フェティッシュな世界1】

 自分で積極的に性の世界の扉を開けたのは、SMからだった。
 しかし、その情報収集をする中で、様々なフェティッシュの扉を開けたのも事実だった。

<性的フェティシズム> 
 フェティシズム(英語:Fetishism)は、人類学・宗教学では呪物崇拝、経済学では物神崇拝と訳される。
 また、心理学では性的倒錯の一つのあり方で、物品や生き物、人体の一部などに性的に引き寄せられ、性的魅惑を感じるものを言う。
 極端な場合は、性的倒錯や変態性欲の範疇に入る。

 現代の日本でフェティシズムという場合、上記のうち心理学的な意味における「性的フェティシズム」を指すことが多い。
 本来、精神医学ではかなり深いこだわりを指すものであるが、省略形・俗語でフェチとも言い、単なる性的嗜好程度の意味で使われている。

 フェティシズムを向ける対象をフェティッシュ(fetish)、フェティシズムの志向を持つ人をフェティシスト(fetishist)という。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 例えば、*ウェット&メッシーの世界である。

<*ウェット&メッシー> 
 ウェット&メッシー=WAMとは、フェティシズムの一種。
 人が他者、または自分自身を着衣のまま、ないし全裸の状態で濡らしたり、さまざまな物で汚したりするような性的嗜好。
 ウェット&メッシーという言葉が示すとおり、基本的な概念は「汚す(メッシー)」と「濡らす(ウェット)」であり、この2つに合致する目的やシチュエーションを総じて「ウェット&メッシー」と称することが大半である。

 その題材を元に描いたのが、
体についたクリームはお好き」(フェティッシュ短編小説集恋人はラバーに収録)
SMサロンへようこそ」(SM・W&M小説集自虐SMに収録)
である。
 また、ぶっかけと呼ばれるジャンルではあるが、スペルマをかけられることに快感を感じる「ぶっかけクイーン」(ロリ・スカトロ・変態短編小説集黄金娘に収録)
もまた、”ウェット&メッシー”の一種だろうか。

◆◆上記小説をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの官能小説をご紹介して下さい
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール