MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

【フェティッシュな世界1】

 自分で積極的に性の世界の扉を開けたのは、SMからだった。
 しかし、その情報収集をする中で、様々なフェティッシュの扉を開けたのも事実だった。

<性的フェティシズム> 
 フェティシズム(英語:Fetishism)は、人類学・宗教学では呪物崇拝、経済学では物神崇拝と訳される。
 また、心理学では性的倒錯の一つのあり方で、物品や生き物、人体の一部などに性的に引き寄せられ、性的魅惑を感じるものを言う。
 極端な場合は、性的倒錯や変態性欲の範疇に入る。

 現代の日本でフェティシズムという場合、上記のうち心理学的な意味における「性的フェティシズム」を指すことが多い。
 本来、精神医学ではかなり深いこだわりを指すものであるが、省略形・俗語でフェチとも言い、単なる性的嗜好程度の意味で使われている。

 フェティシズムを向ける対象をフェティッシュ(fetish)、フェティシズムの志向を持つ人をフェティシスト(fetishist)という。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 例えば、*ウェット&メッシーの世界である。

<*ウェット&メッシー> 
 ウェット&メッシー=WAMとは、フェティシズムの一種。
 人が他者、または自分自身を着衣のまま、ないし全裸の状態で濡らしたり、さまざまな物で汚したりするような性的嗜好。
 ウェット&メッシーという言葉が示すとおり、基本的な概念は「汚す(メッシー)」と「濡らす(ウェット)」であり、この2つに合致する目的やシチュエーションを総じて「ウェット&メッシー」と称することが大半である。

 その題材を元に描いたのが、
体についたクリームはお好き」(フェティッシュ短編小説集恋人はラバーに収録)
SMサロンへようこそ」(SM・W&M小説集自虐SMに収録)
である。
 また、ぶっかけと呼ばれるジャンルではあるが、スペルマをかけられることに快感を感じる「ぶっかけクイーン」(ロリ・スカトロ・変態短編小説集黄金娘に収録)
もまた、”ウェット&メッシー”の一種だろうか。

◆◆上記小説をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの官能小説をご紹介して下さい

【性的行為の未来は】

 ここ十数年のことと思うが、携帯電話を使って調教をしたり、
  参考:・携帯メール変態ペット 
     ・メール調教奴隷T美 
     ・携帯電話調教 

また、インターネットを使って仮想SMプレイをしたり、
  参考:「人妻SMネット」(お尻の天使<屋台編>に収録)

と、きっとそれ以前の人々にとっては、仮にSFの世界の話であったとしても、
それらが現実的なものになるだろうとは、想像し得なかったことだろう。

 こうなると、この先、近未来、またその先の未来、性的行為に対してどのように新たな展開がなされていくのだろうか。
参考:・子供を産ませることが国家プロジェクト・・・「禁じられた性解放」(狼が恐くない赤ずきんちゃんに収録 )     
 ・地球外に植民地を求める争奪戦に多くの兵士とその世話をする女たちが送り込まれていった・・・「未来戦カバーガール」(ロリな性奴花嫁たちに収録)
 ・ある惑星で異なる地域に2種族が不思議な関係で結びついていた性SF・・・「ジアース」(お犬さま風俗に収録)
 ・直角三角形の枠の中では、春菜が永遠に続いていて欲しいと願う王子様との甘い一時のシーンが流れ、もう一方の直角三角形には生まれたままの姿の春菜には違いないが、絡んでいるのは蛸に似た生き物だった・・・オレンジ色と三角の世界 
 
◆◆上記小説をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇オススメの官能SF小説をご紹介して下さい

「熟女の存在」

 「熟す」 とは、
  ・充分にみのる
  ・ころあいとなる
  ・熟練する
 だそうだが、
 ”熟女”
 と言うのは、こと性的なことに関して言えば、実に難しい定義である。
  
 変態短編小説集「ソープボランティア」
では、
 ・引退したベテランソープ嬢
 ・SEXレスながら快感を求める人妻
 ・明治・大正の頃の旅館の仲居
 ・受験対策として性処理を行う人妻

等を題材にしているが、性に対する感受性はことごとく異なる。

 また、SMの世界でも、
 変態短編小説集「ヌーディストスポーツ」でも「超熟女専門倶楽部」
というような存在を考えると、いつまで性的な営みが意識できるのか想像がつかなくなる。 

 似たような言葉で、”年増”という言葉が以前よく使われたが、江戸時代の年齢感覚で言えば、娘は十代まで、二十歳をすぎると年増、三十歳前後から中年増、四十歳を越せば大年増というのが常識だったらしい。
 今日ではどのように層が区分されるのだろうか。
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール