MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

【スカトロ考察1】

<スカトロロジー、糞尿愛好症> 

 スカトロロジー=(英語:Scatology)とは古代ギリシア語で糞便を意味する「スコール」と「談話集」などを意味する「ロギア(logia)」の合成語で、糞・尿に対する研究・考察を言い、日本語では「糞便学(ふんべんがく)」とも言う。
 糞尿に関するユーモアの事、糞尿に愛玩的な興味を持つ趣味、また性的嗜好も指す。
 なお糞尿趣味を指す場合はスカトロと略される事もある。
 これらに関係する人間を指してスカトロジストと呼ぶ。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 
糞尿愛好症=(ふんにょうあいこうしょう、英語:Coprophilia)とは、
 排泄行為、及び排泄物に対し著しい性的な興奮を得てそれが固着した性的倒錯である。
 糞便に対してのフェティシズムとして称され、尿に対するフェティシズムと区別されることが多いが、元来どちらの要素も含んだ言葉である。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<スカトロとの接点> 
 私の場合のスカトロとの接点は、
 SM→浣腸→排泄→スカトロ

である。

 ある時受けたメールでの調教依頼内容は、スカトロSMとでも言うべき未知の世界
だった。
 それを題材にして描いたのが、

 SMスカトロ小説「スペシャルスカトロ嬢」(中学生の時の初恋相手としてしまった浣腸からスカトロにめざめた美春は、オナニーから、単身赴任の男性とのスカトロSMプレイへと進み、その男性の海外赴任をきっかけに、おさえられないうずきを満たすために上京し、SMクラブのスカトロ嬢として売れっ子の日々を送っていた。やがて美春の性癖を理解した男性と表面上は結婚しつつも、国内はもとより海外にまででかけ、さまざまなスカトロプレイを経験しながら真性スカトロM女としての日々を送るのだった・・・)

である。

<続々と>
 これをキッカケとしてアンテナを張った結果、現在までに12本のスカトロ系の作品が誕生した。
 例えばそれは、某SM夫婦の関係からであったり、
 「排泄SEX」(→SMスカトロ短編小説集「オムツ拘束」に収録)(だから御主人様のオチンチンもオシッコまみれです。ただお浣腸をされた訳ではないので、お尻の中の方はまだまだウンチで一杯です。それに全部しない方が、次の行為のために快感が増すと思ったからです) 

 フェティッシュなラバーの世界からであったり、
 →スカトロ・ロリ・変態短編小説集「ラバースカトロ」オモラシオナニー癖をさらに満たそうと美里はラバー趣味の女性と接するが・・・

 秘密のレズビアン関係からであったり、
 →「レズ排泄ペット」(SMスカトロ短編小説集「ハードプレイ少女」に収録)( わたしのウンチはご主人様の浣腸後の排泄液を受けた上でなければさせてもらえないのです・・・)

 某所で行われた秘密パーティからであったり、
 →SMスカトロ短編小説集「スカトロメイド (久々に親友を訪ねたスカトロ志向の男が欲望を満足させてくれる専任のメイドとスカトロパーティとも言える狂宴で歓待される・・・)

した。

 どうやらこのテーマもまだまだ奥が深そうである。

【性的欲望の変遷1】

 スワッピング(Swinging)は、複数のカップルがお互いのパートナーを取り替え、同室もしくは別室で行う集団的性行為のこと。
 日本では月刊誌「ホームトーク」等が有名である。

 スワッピングを行っているというカップルに最初に出会ったのはSMバーだった。
 当然SMについての話になったのだが、その中でふと漏れ聞いたのがスワッピングと言う言葉だった。
 聞けば、中には
夫婦とも子供を作ることができず、それが引き金になったカップル
 もいたという。
 →参考「週に2回は相手のお宅へ」(人妻変態シリーズ短編小説集「解放されたグラニーズ」に収録) 

 さらに、
SMでのスワップ
を行っているカップル同士もいるのだそうだ。   
 →参考「熟年プレイスワップ」(SM・熟女短編小説集「叔母様排尿奴隷」に収録) 

 スワッピングは、
自分の本来のパートナーが別の異性と性行為を行っているという屈辱感や嫉妬などが相乗効果となり、性行為の興奮度を高める
 らしい。

 想像の世界ではあるが「撮影」という行為をスワップの引き金した作品が「撮影スワップ」(参考ロリ・未来SM・スワップ短編小説集「ロリな性奴花嫁たち」に収録)である。 

 今年は、SMによるスワップ・カップルを追ってみたい
と思っている。

【オモラシの快感】

 女性場合、オモラシに快感を得るという場合は、何らかの子供の頃の体験からによるものが多いらしい。

 例えばロリ・アナル・変態短編小説集「甘えの失禁」は、一種のファザコンの女性の思い出話をヒントに描いたものだ。

 また、ロリ・アナル変態短編小説集「美穂の変な癖」は、子供の頃、多くの男の子達に混ざって、つかまって捕虜になると裸にさせられオシッコをかけられてしまう遊びをしたという話が元になっている。

 SM的にオモラシと言えば、「生贄オモラシ少女」(SMスカトロ短編小説集「オムツ拘束」に収録)のように
奴隷にオモラシを命じたり、いくつかのプレイを重ねた結果としてオモラシをしてしまう
 ことが多いだろう。

 また、
オモラシをせざるを得ない状況に追い込まれる
 ということがMとしての快感につながるオムツ拘束のようなケースもある。

 そこで、いっそ
大人の女性が何らかのキッカケでオモラシにのめりこむことはないのか
と、色々体験談を聞いたり、想像したりして生まれたのが、「台風おもらし」(変態・オモラシ・アナル短編小説集「京子の生きた証」に収録)という作品である。
 
 この次はどんなオモラシ体験を聞くことになるのだろう。
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール