MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

10/1(月)このグッズはグッド156<ベルクリットクランプ>

 チリン、チリ~ンといい音色。
 もう秋も深まる虫の声。
 と言いたいところだが、妙なる調べはM女の身体から発しているのである。
 その正体は、ベルクリットクランプである。
 拘束した後、乳首、大陰唇、クリにと1個ずつ時間をかけながらはさんでもいいし、そのまま上着を着せて野外で音を楽しむのもいい。

************************************************
<生 クリップ>

「限界調教 川上ゆう」
************************************************

(発売元に1night-heavenよる商品解説)
 ベルクリットクランプ
 体を揺さぶるとチリン、チリンと可愛い音を立てる、ベル付きクリットクランプです。
 根元のワッシャを少しスライドさせると挟むことが出来ます。
 基本的な使い方は、大陰唇を挟んだり、クリを直接挟むような使い方になります。
 複数個用意して、クリや乳首などにも同時に利用しても良いと思います。
 ベッドルームだけでなく、野外での二人の密かな楽しみとしてもお勧めです。

 <お勧めグッズ・体験談募集>  
  ・貴方が使われたお勧めのグッズの使用体験談をお寄せ下さい。    
   メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
   タイトル:お勧めグッズ

<なぜ剃毛派なのか>

NO.255「脱毛派?剃毛派?」

<奴隷の証拠である剃毛>
 最近電車内の”脱毛”の広告がやたら目につくように思う。
 むろん、広告の中心は脚の脱毛である。

 *奴隷の証拠である”剃毛”の代わりに脱毛が使えるかどうかよくわからない。
 以前永久脱毛のままご主人様に捨てられてしまい・・・というMドリームへの相談(?)があったところを見れば、実際に適用されている場合もあるのだろう。

 *奴隷の証拠である剃毛
  参考パートナーとの関係をどのように築いていけばいいのかシリーズ3剃毛

 参考剃毛SM動画「プライベート調教 奴隷英語教師 真紀31歳」(・・・小林電人によって開発され、アナルが最も感じてしまう淫肛奴隷となった真紀。剃毛、拘束ローター責め・・・)

 ところで、SM志向としては脱毛と剃毛のどちらが望ましいのだろうか。
 そこで先般SM系の知り合いに聞いてみた。(メールによるアンケート回答より)
 
 S男性(10人)側:剃毛派 7人 脱毛派3人 
           但し剃毛派7人中3人はいずれは脱毛も試してみたいとのこと。

 M女性( 8人)側:剃毛派 5人 脱毛派3人
           但し剃毛派5人中2人はいずれは脱毛も試してみたいとのこと。

 
 これによれば割合としては、S男性もM女性もほぼ同じなようだ。
 しかも”いずれ脱毛も試してみたい”という願望も同様である。

<なぜ剃毛派なのか>

 また、寄せられた剃毛派、脱毛派の志向のご意見は以下の通りである。
 
 なぜ剃毛派なのかと言えば
  ・SMのイメージが剃毛だった。
  ・剃る行為に意味がある。
  ・剃りながら見せる奴隷の表情がいい。
  ・時には剃るだけではなくお仕置きに毛を引き抜いたりできる。
  ・脱毛ってSM??(脱毛ってSMになるの・・・)
  ・脱毛させるなんて考えたことがなかった。


 参考剃毛SM動画「最終人格破壊 銃弾・地獄門 2元カメラ・ナマ中継」(・・・M字開脚のまま剃毛。アナルとアソコと両方に極太の張型をブチ込む・・・)

 なぜ脱毛派なのかと言えば
  ・パイパンが好きだ。
  ・最初は剃毛していたが、面倒になり脱毛させた。
  ・剃ってもすぐに生えてきてチクチクと痛い。
  ・肌が弱い。


 ちなみに川口の場合は剃毛ができた奴隷が少ない。(過去30年通算で10人位)
 ただ、できることなら脱毛奴隷とも出会ってみたいものだ。 
    
◆◆SMプレイとしての脱毛、剃毛の体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:《SM論》剃毛プレイ
   どこまで許せるか
   M女ならばハイジニーナにしよう!
   淫悦への調教:第42回・義母 由布子(4)

縄師ならぬ”拘束衣師”

「拘束衣マニアからの転身」

<無防備になった彼女の姿に感動>
 ハチダイ(仮名)は元々古着屋商売だったそうだ。
 そして古着の山の中から見つけたのが厚い布地で作られた”拘束衣”(例:アサイラム 拘束衣)だったのである。
 
 (これを誰かに着せてみたい)
 というのが、ハチダイという拘束衣マニアのスタートだったらしい。

 さすがに当時の恋人も、そのグロテスクなスタイルを見て、彼の頼みとはいえかなり抵抗したらしい。
 だが、とうとう着せることができ、バンドを締めて、その無防備になった彼女の姿に感動を覚えたという。

 もっとも、その恋人は二度とそれを着ることなく、彼の元から去っていったのだそうだ。
 それからは、ハチダイは、拘束衣について詳しく調べる日々が続いていたという。

 そして自分と同好者がいることを、インターネットを通じて知ったのだそうだ。

************************************************
<生 拘束>

「レア・ボンデージ 2 拘束衣の魅力」
************************************************

<縄師ならぬ”拘束衣師”>

 さらには拘束衣愛好者のオフ会に参加するようになったそうだ。
 そこでハチダイは、むしろ自分から拘束衣を着せられたがっている女性達の存在を知ったのである。

 そういう女性との付き合いが始まったのだが、次第に拘束衣による拘束に慣れてしまうと、次は拘束衣以外の物を使って行うことに関心が向いていったという。
 結局それが彼をSMの世界へ入り込むキッカケになったらしい。

 以来、縄、手錠、革の拘束具等々緊縛教室や、SMサークルにでかけて熱心に”学んだ”という。
 「でも、やっぱり私の原点は拘束衣らしいです
 
 つまり、彼が拘束衣(例:ユニセックス拘束衣)を持ち出してプレイをする時は、”本気”らしい。
 実際、同じ拘束衣を使っても、ハチダイの手にかかると、M女性の感じ方は異なるのだそうだ。(某複数M女性の弁より)

 さしずめ彼ーハチダイは、縄師ならぬ”拘束衣師”とでも云うべきなのか。
 
◆◆拘束衣の体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:BDSMにおける拘束衣
   究極の黒拘束衣
   束衣
   緊縛・拘束・調教画像20枚【50】
   拘束衣でもがく

ライブチャット
(クリック後上段女の子検索からタイプM系を選択)
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール