MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

SM映画・本【NO.259「鬼達磨」】

(オニダルマ)

<テーマ選択ポイント>
 故明智伝鬼先生の師匠として昨年25年ぶりにSMショーの復活ライブを行った伝説の桜田伝次郎。
 この監督のSMAVは一味違う。

<あらすじ>
 人気SM作家・鬼八の妻である「もえ」。
 しかし、SMの事など何も知らない人妻は、夫の留守中に興味本位で弟子に近付く。
 弟子は色っぽい赤襦袢の人妻を見ると、心から湧き上がる感情を抑えられない。
 四つん這いで縛られていく人妻。
 その現場を見た鬼八は怒りに狂い、妻を麻縄で縛り上げていく。
 達磨にされ、執拗な電マ&バイブ責めにもがきながら潮吹き、強制絶頂!激しく突かれる中出しFUCKに意識が遠のく…

<映画>
「鬼達磨 大石もえ」
出演者: 大石もえ
監督: 桜田伝次郎
シリーズ: 「鬼達磨」
メーカー: アイエナジー
レーベル: 暴縛
ジャンル: SM 人妻 潮吹き 調教 単体作品
(本作品に原作本はありません)

<参考:桜田伝次郎 (さくらだ でんじろう)>
 1970年代後半よりSM実験劇から数々のSMショーまでもプロデュースし、SMの潮流を興した伝説の仕掛け人。
 20才の当時、まだ闇に閉ざされていたSMというアンダーグランドで長田英吉(オサダゼミナール)や玉井家敬友(シアタースキンダル)賀山茂氏 (SMサロンSAMM)らと交流し、緊縛師としてSMショーの全盛期を確立、週刊誌やスポーツ誌に「SM」という大きな活字を披瀝させた草分け的な存在。
 SMマニアの殿堂であったGSG企画(西荻)、SMボンバー(大塚)、東京 SM倶楽部(中野)などの数々のSMショーを主宰し、ニューヨークからショーのオファーを受けたSM界の寵児であったが、1985年忽然とSM業界から引退。
 絶賛のSMショーはやがて弟子である明智伝鬼に引き継がれ伝説の人となった。
 主宰するSMショーの撮影作品は、AV(アダルトビデオ)起源の先駆けとなり、AV業界の盛隆に合わせて、AV監督としてセクシャル業界に復帰、二十数年が経つ。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 ただやみくもに責めるのではなくストーリーの中でジワジワと・・・ 

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考新しいとびら

【11/12(月)このグッズはグッド300回記念】

<今から14年前>

 「このグッズはグッドのコーナー」は、今から14年前の2004/12/24 に発刊のメールマガジンMドリーム第125号誌上から始まり、今回2018//11/9
の発刊の第457号でちょうど300回を迎えました。

(ご参考:第一回目の掲載記事)
------------------------------
 画像【12/22(水)このグッズはグッド1 「指錠プロ仕様」】

「このグッズはグッド」コーナーでは、
 ・楽しそうなグッズ
 ・面白そうなグッズ
 ・より快感が選られそうなグッズ
 を随時紹介していきます。

 第1回は「指錠プロ仕様」1,470円
 手錠ではありません。両親指を拘束する指錠です。
 「見た目は小さくて威圧感は低いですが、実際に指を拘束された時の抑圧感は手錠以上のものがあります」
 (販売店 「1Night Heaven」 の店長の案内を引用)
 女性の方でも安心してお求めできるお店「1Night Heaven」(左欄 「道具 その他」をクリック)でご確認して下さい。 

 ★★ 今までは頭、首、手首、腕、脚、足首等しか拘束を考えていなかったのでこれは盲点でした。
                            (Mドリーム主宰川口)
------------------------------

 ちなみに上記グッズ「指錠プロ仕様」は人気グッズのようで、今日でも同サイトで販売されています。

<プレイ以上にSMグッズに対する関心が高い>

 当時はホームページSM情報サイトMドリームメールマガジンMドリームでの紹介だけでしたが、その現在のようなMドリームのブログでも紹介させて頂くようになりました。

 このコーナーは、もともとは、SM情報サイトMドリーム(当時は「M願望女性のためのホームページMドリーム)に寄せられたお便りの中でも、プレイグッズに対する質問のお便りがかなりあり、プレイ以上にSMグッズに対する関心が高いことがわかったので、ご参考として掲載を始めました。

 14年以上も前からとなりますと、SMグッズ関係では、主としてSM系の雑誌で「大人のおもちゃ」等の宣伝くらいで、プレイグッズの通信販売サイトも多くはなかったように思います。

参考動画「大人のおもちゃ研究所 2」(超かわいい研究員達を使って大人のおもちゃの研究をしましょう!ということで10人の女の子に登場してもらいました。雑誌じゃ見たことあるけれど、どうやって使うのか?どんなにキモチいいモノなのか?自室に引きこもりがちなアナタの疑問を一気に解消させます。)

 そういう中では当時、特に女性が、SMプレイに対する興味やあこがれがあったとしても、SMグッズについて直接質問するというのは相当勇気がいったことだと思います。

 今日のように、M女であることを含めて、プレイグッズの使い方や、他の類似グッズはないか等堂々と質問され、こちらの方がたじろぐ場面があることなどを思うといい意味で時代の変化を感じざるを得ません。

 こらからもプレイを効果を高めてよりその願望を果たすために、少しでもお役に立てればと考えております。

<お勧めグッズ・体験談募集>  
 ・貴方が使われたお勧めのグッズの使用体験談をお寄せ下さい。    
  メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
   タイトル:お勧めグッズ

参考手錠
   護送用手錠
   連載「奥様はマゾ」4 (野外全裸後ろ手手錠バイブ責め鬼ごっこ)
   野外露出調教・・・について考える
   今更ながら・・・・、初バイブ!?

【NO.532「柱へ縛る」】

<柱に縛られている夢を何度も>

 先般柱に縛られている夢を何度も見てしまうというお便りを頂いた。
【10/27(土)「柱に縛られている」】

(柱への緊縛 参考動画)「完全緊縛されて無理やり犯された巨乳セレブ嬢 明日花キララ」(莫大な資産を持つ上流階級のお嬢様として何不自由なく育てられてきた明日花キララ。しかしその財産を狙う血筋の近い外道たちによって令嬢は縄で縛られ徹底的に蹂躙されつくされてしまう。柱に固定されながらのバイブ責め、吊るされたまま手枷までギロチンのようにハメられ、乳房も豊満に実った肉体に縄が喰いこみ悲鳴を上げながら犯され続けていく…。明日花キララが挑んだ緊縛解禁作品!)

 どういう場所の、どういう柱で、どういう服装で、どういう形に縛られているのか、縛りに使われているのは縄かそれとも別のグッズなのか、その時周りに誰かいたのか、誰かにそのようにされたのか、それは未だわからない。
 彼女にとってそれら夢見が現実の世界とつながっているのか、わかりやすく言えば現実の世界でご本人にそのようなM願望があるのかわからないので、その段階へ来たら聞こうと思っている。

 柱への緊縛は、立ったままや、座ったままならまだしも「解禁SM緊縛奴隷 かすみ果穂」に見られるように、柱の中に浮かせるとなると上級の緊縛術が必要だ。

<電信柱を抱かせて>

 ”柱へ縛る”と言えば、はるかに昔、SMなど思いもよらなかった、たぶんまだ小学生の頃だったと思うが、女の子を柱に縛った記憶がある。
 たぶん、映画かテレビか何かで見たシーンが頭に残っていたのではないかと思う、遊び相手の近所の女の子の手をつかみ、電信柱を抱かせて、そのまま両手を縄跳びの紐で縛ってしまったのである。
 どういう経過でそうなったのかはわからないが、とにかくその後自分でほどいて上げた記憶はない。
 たぶん、女の子の上げ始めた泣き声に驚いてその場を逃げ出してしまったのではないだろうか。
 恐らく後でかなり叱られたはずなのだが、そのことは記憶にのこっておらず、ただその子を縛ったことだけが鮮明に残っているのである。

(柱縛り 参考動画2)「女子校生肉棒ペット いもうと乳首奴隷 弘前亮子」(性愛肉奴隷の亮子は麻縄で縛られただけで愛液をお漏らしするハシタナイ牝犬です。両親の留守中にSM調教される女子校生の妹。柱縛りで乳首をピンチやとっくりで責められる。肥大化するマゾ乳首。陰核愛奴改造計画。 )

 そしてSMに目覚めた頃は、浣腸や他の責め具を使ったプレイ願望が中心だったので、柱縛りへの意識はなかった。
 ふと思い出させてくれたのは、さな子(仮名)だった。
 何しろ彼女のM願望のプレイイメージとして示したのが、私が持参したSM雑誌のグラビアの中で指示したのがちょうど「雪村流 柱 開脚」のように、座ったまま柱にくくりつけられM字開脚されている姿だった。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考柱を利用して女を縛る
   【エロ画像】柱に縛られてるSMエロ画像 22枚
   新・縄を求めた女:第3回(立ち縛り)
   「青竹責め」
   「泣き柱」
DTI
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール