NO.262「奉仕する騎士」

<夫は別にM女を求め、麗香はM男を侍らせ>
 先般、麗香(れいか、仮名)と名乗る20歳の女性から聞いた話である。 
 18歳の誕生日を迎えた時、彼女は結婚した。

 その年齢での結婚自体はごく普通のことだろう。
 彼女は子供の頃から18歳になるまで、ある宗教系の全寮制の学校で過ごしていたという。

 そして、卒業と同時に結婚となった訳だが、お相手の御年は60歳なのだそうだ。
 しかも、彼女の出生と同時に、将来の結婚相手までが決まっていたというのだ。

 どうやら、ある家々によっては長年に渡って、そういうーつまり、男は60歳で結婚し、女は18歳で嫁入りするという習慣が当たり前のように行われていたらしい。

 性生活に関しては、一応子作りはするのだが、それ以外は夫婦ともまったく束縛のない自由な状態なのだそうだ。

 興味深いのは、麗香の本来の夫は別にM女を求め、麗香自身はM男を常に侍らせるというのだ。
 
************************************************
<生 S女M男>
http://www.dmm.co.jp/rental/-/detail/=/cid=30dsmg37r/mdream-002">
ペニバンQueen 2 ~ボンデージ女王様の見下しアナル性感~
************************************************
<カヴァリエーレ・セルヴァンテ>
 実際彼女と某SMバーで出会った時も、容姿端麗な男性が傍にいた。
 何しろ、夫のM女にしろ、麗香のM男にしろ、いずれも夫婦はその相手を知りすぎるほど知っているという。

 どうやら、この家々と同様に、M女、M男を排出させる家々があるらしい。
(この点詳細は、未だ不明)

 とにかく、公認の両パートナーはほとんど付きっ切りだという。
 たぶん夫婦で一緒にいる時間よりも長いのではないのだろうか。

 ただ、麗香によれば公式のパーティ等では、パートナーは無しで、必ず夫婦で参加しているという。

 確か以前読んだ本の中で、18世紀のイタリアの貴族にも似たような習慣があり、そのように貴婦人に仕える者を称して
 「カヴァリエーレ・セルヴァンテカヴァリエーレ・セルヴァンテ=「奉仕する騎士」」
と呼ばれたらしい。
(参考文献:麗しき貴婦人たちのスカートの下―愛と性の歴史トリビア

 中々面白い話なので、いつか小説制作のネタにさせてもらおうと思っている。

◆◆SMの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:夜の繁華街でおっさんを捉まえてワンナイトハメハメチ○ポ(?)する可愛い男の子【即ハメビッチンポ】
   暗藻ナイト マゾ漫画 M男と顔面騎乗と聖水
   凶暴な金蹴り
   パイパン記念日♪
   日常の奉仕作用