(しぎゃくのへや)

<テーマ選択ポイント>
 自分の本当のM願望イメージの責めを実現する一つの方法として自虐がある。
 ただ空想はできてもここまでは実現するのはさぞ難しいことだろう。
(せいじゅも主宰のMドリームを通じてM願望女性のプレイ相談を受けるのだが、このビデオほどではないにしてもなんらかの自虐をされている方は少なくないようである)

<あらすじ>
・鏡を見ながら自分の脇の下に火のついたタバコを押しつける。
・男の声でいやらしく責められる声をテープで聞きながら、自縛しスリッパを押し込められるように口に咥える。
・ラブホテルと思われる場所で全裸となり、自分で自分の足を縛り、お尻に火の点いたローソクをさして、熱ロウに苦しみながらシャワーまで這っていって火を消す。
・バスルームと思われる場所で全裸のまま、グリセリンのビンからエネマシリングで直接浣腸してうつ伏せのまま排泄する。
・ラブホテルに設置されている浴槽のゴンドラに逆さに身体を吊り、そのまま水中から出たり入ったりする。(本人は吊られたまま手を伸ばしてかろうじてゴンドラが上下するスィッチを操作) 
  

<映画:ビデオ>
「死虐の室」(マンボウ資料館のサイトより転載)
製作:1982年 VIP
出演:宮原加代子
(本作品に原作小説はありません。またビデオの入手も中古ショップ、レンタル、オークション等になります)

<参考:「死虐の室」の一部画像イメージ(浴槽のゴンドラに逆さ吊り)が見れるサイト「マンボウ資料館」
(ラブホテルに設置されている浴槽のゴンドラ:最近は見かけないがゴンドラは、オリのようにも見えるカゴで、ワイヤーで吊られており、スイッチ一つで上下する。普通のカップルは、このカゴに入って大きな浴槽に出たり入ったり、空中に浮かんだりして遊ぶと思われる。吹き抜けになっている上の階まで、ゴンドラで上がることもできる)

<参考:自虐のSM小説>
SM・ウェット&メッシー小説「自虐SM」SM・ウェット&メッシー小説「自虐SM」
 あらすじ:和服の美を卒業テーマにする美大生が伊藤晴雨の絵図をきっかけにSMの世界にじりじりと惹き込まれ被虐願望を叶えようとするが・・・
 本ブログ゙主宰 川口青樹 著

<本ブログ゙主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 このビデオの最大の見せ場は何と言ってもゴンドラに吊られて逆さのまま水中を出入りするシーンだが、もう一つは彼女の妄想の世界で縛られて仰向けに寝ながら、パンティを引っ張られ、どうやら蜂蜜と思われる液体を注がれているシーン。

◆◆このビデオをご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇あなたのオススメの官能映画・小説をご紹介して下さい 

参考:興奮・水責めビデオ
   VIPエンタープライズ 「死虐の室」(宮原加代子)