<両手で差し出したのが・・・>

 SMパートナー同士でもクリスマスはやってくる(笑)。
 先日【12/5(月)このグッズはグッド253<エレクトロアナルフック>】という記事を掲載し、「・・・パートナーへのクリスマスプレゼントにいかがだろうか」と書いたら、早速
「・・・川口さんはSMパートナーとどのようなクリスマスを過ごしているのですか・・・」
というお便りを頂いた。
 いつもとプレイ場所やプレイ内容をを変えたり、プレゼントしたグッズをその場で使う等々様々な思い出がある。
 
 中でも思い出深いのが、三十歳からSMの世界へ入り、数年を経てどうやら気の合った特定のパートナーが見つかったと思った頃のことだ。
 恐らく彼女にとっても思い出にしたかったのだろう。
 某SMバーで知り合い、互いの願望を素直に話し合え、そこで彼女からの提案は、クリスマス・イヴに初めて実際のプレイをということだった。
 こちらも望むところで準備万端、体調も万全という状態で彼女と会ったのは、ご存知のSM専用ホテルアルファインだった。



 こちらもできる限りのグッズをバッグに押し込みその場へ臨んだのだが、彼女は部屋に入るといきなり服を脱ぎ始め、床に正座したのだった。
 細身で小柄の裸身はよく均整がとれていた。
 驚いたのは、彼女はSM情報サイトMドリームのプレイコーナーに掲載している例文の原型ともいえる奴隷としての誓いの言葉を述べて床にまで頭を下げ、次に両手で差し出したのが、彼女の名前入りの首輪(例:SLUTレザーカラーSLUTレザーカラー)だった。
 聞けば、ペットショップで首輪を買い、自分で文字を埋め込んだという。
 この身も心もこもったクリスマスプレゼントに、しばし呆然としたものだった。

<一日中、サンタM女とプレイ>

 もっともこっちも負けて(笑)いなかったと思う。
 新品のガラス製浣腸器ガラス製シリンジ200ccガラス製シリンジ200ccや、ペット用の食器にも彼女の名前を書いておいたからだ。

 その後、新たなプレイ相手としてマンコ(自分から奴隷名をそう呼んで欲しいというので彼女ことは常にそう呼んでいた)と知り合うのだが、彼女の場合は衣装により自分がそのヒロインになり、そのまま恥ずかしく責められることを望む女性だった。
 予想通り、クリスマスは、サンタの衣装(例:8095 クリスマス3点セット8095 クリスマス3点セット)だった。
 


 その日はほとんど一日中、サンタM女とプレイをしていたのではないかと思う。
 だから彼女の方も、サンタとは言え何種類かの衣装を準備(例:コスクラ no68 バニーサンタ
コスクラ no68 バニーサンタ
)していて数時間ごとにサッと早変わりするのだった。
 とにかく覚えているのは、最後には四つん這いの彼女のお尻の上にロウソクを立ててクリマスケーキを食べたということだ。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考人生で最も最悪なクリスマスパーティー
   あるサディストのクリスマス
   Merry X'mas!!② エロサンタで抜いて欲しい - うちのM妻晒します
   クリスマスの親子 ~母はサンタクロース~
   SMバー”ミストレス”