(アングラキカンセツ)

<テーマ選択ポイント>
 SMの世界の見方が少し変わりました。

<あらすじ>
 「*アングラはなんの機関かって?プロレタリア革命機関だ!」
  革命の赤い鉛筆が黙っちゃいねえ!
  暗黒の地下世界に沸騰するアングラの海!!
  無頼漢平岡正明が放つ映画、文藝、演劇界の侠客、闇の表現者列伝 

<参考:*アングラ>
 =アンダーグラウンド(underground)は、地下の意。
 転じて地下運動、反権威主義などを通じて波及した1960年代に起こった文化・芸術運動のことを指す。

<本> 

(MG浪漫ブックシリーズ―平岡正明コレクション2)
(目次)
 シネマ篇(足立正生の白日パワーについて/カッパライの季節/毛の生えたピラミッド ほか)
 文藝篇(刺青の黒船が横浜に来た日/澁澤龍彦の侠/『家畜人ヤプー』三十年の戦い)
 演劇篇(麿赤兒 大駱駝艦 天賦典式『馬頭記』/なにはなくとも水滸伝/寺山修司『誰か故郷を想わざる』解説 ほか)
著:平岡 正明
出版社: マガジン・ファイブ /星雲社
(本作品に映画はありません)

<参考:著者 平岡正明>
(ヒラオカマサアキ)
 1941年、東京生。作家・評論家。
 安保ブンドとして60年安保闘争に参加。
 その後、「犯罪者同盟」結成。早大露文科中退。
 1964年、初の著書『韃靼人宣言』(現代思潮社)を上梓。
 著書は100冊を超え、批評対象は多岐に渡る。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 文藝篇:刺青の黒船が横浜に来た日、『家畜人ヤプー』三十年の戦い

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考平岡正明『アングラ機関説』
   『アングラ機関説』平岡正明(マガジンファイブ)