<テーマ選択ポイント>
 花嫁とは変態奴隷になることか?
 
<あらすじ>
 とても可愛い花嫁は、幸せの絶頂たる結婚式で一気に娼婦のように扱われ、変態の世界へ引き込まれる不幸に見舞われてしまいました。
 式場でのファック・緊縛・乱交なんてまだまだノーマル!?
 ラバーフェチに女体盛りその他、変態ファックが盛りだくさん。
 そんな中、可愛い花嫁は…

<映画>
「ディメンシア #2」
出演者:ミッシー モンロー ハンナ ハーパー
メーカー:桃太郎映像出版
レーベル:SweetDevil
ジャンル:独占配信 拘束 乱交 洋ピン・海外輸入 3P・4P 縛り・緊縛 白人女優 花嫁・若妻
(本作品に原作本はありません)

<参考:ラバーフェティシズム (Rubber Fetishism)>
 他者、または自分自身をゴム(ラテックス)で作られた衣服で覆う、あるいは着飾るような性的嗜好。
 ラテックスフェティシズム、ゴムフェティシズムと呼ばれることも多く、日本ではラバーフェチといった略称で呼ばれることも多い
 20世紀前半より、主にイギリスを中心としたヨーロッパにてその源流が散見されている。当時のヨーロッパでは、雨天時に使用する雨合羽(マッキントッシュ)の素材がゴムであることが多く、ゴムという素材が持つ密着性や芳香にフェティシズムを感じた人々により、徐々に性的嗜好も目的として雨合羽を着用する、という状態が生まれたとされている。
 また、第二次世界大戦にて多用されたゴム製のガスマスクの使用経験をその端緒とする愛好家も多かったようだ。
 メディアの形で初めてラバーフェチの存在を明確に示したのは、イギリスのイラストレーター、ジョン・ウィリーである。
 彼が1946年にイギリスにて刊行した「BIZARRE」という雑誌は、ボンデージを主としたフェティシズムに関する著述、イラスト、写真を主な内容としていたが、この雑誌にてゴムで出来た衣服に身を包んだ愛好家の存在が述べられている。
   (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 肌に密着するゴム、女体盛り

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本