<当時はズボンのベルト>

 先般のSMプレイグッズ紹介の記事で
7ボンデージベルト「7ボンデージベルト」
のことを書いたが、
>縄での緊縛が苦手とか
>急いで拘束しなければとか
>そんな時これだけ長さに種類があればいかようにもできそうだ
とその便利さを強調したのは、昔のSMプレイの自己反省によるものと言えるかもしれない。

 当時ようやくSMプレイのパートナーにたどりついたまではよかったのだが、いざプレイをするとなるとどうしたらいいのか、具体的には彼女をどう拘束すればよいのか、パニック状態になったと云ってもよかった。
 緊縛サークルで、何度か緊縛の練習をさせてもらったが、それこそふだん運転していないと、運転の感覚が身につかないのと同様に焦るばかりで、せっかく結んだはずの縄がいきなり解けてしまったり、逆に結び目が解けず終いにはハサミを使わざるを得ないという状況まで作ってしまった。

<拘束 参考動画>「猥褻拘束ダルマニア 灘ジュン」「猥褻拘束ダルマニア 灘ジュン」(四肢を拘束され身動きができない女、ただ男の性欲処理の為だけに存在する。性玩具、肉便器、精液容器、肉塊…)

 しかし、それで長年のSMプレイへの夢の実現を諦める訳にはいかなかった。
 そこで考えたのが、縄を使わなくても拘束するにはどうしたらいいのかということだった。
 その時ふと思いたったのが、自転車の後部に荷物を積む時に使うゴムのベルトだった。
 これなら簡単に手に入るのだが、あいにく留め金でうまく調節できなかった。
 何か、自在に調節できる物はないかと思って目についたのがズボンのベルトだった。
 これなら締めて、しかも簡単に留めたり外したりすることができるのである。
 もし、あの時代に上記で紹介したようなボンデージベルトがあったら、私のSM志向もまた異なったものになっていたかもしれない。

<拘束オナニー>

 愛子(仮名)は、鞭やロウソクを使われること、また浣腸等アナルを弄られることも嫌っていた。

「縄でも、ベルトでも、何でもいいから、私を身動きできないようにして」

 一言で言えば、彼女の願いはこれに尽きるのである。
 後はそのままでバイブを挿入して抜けないように固定し、バイブの電源を入れっぱなしにしておけば、残された私の役割は後でその拘束を解くことだけだった。
 何のことはない。
 彼女のオナニーを手助けしているようなものだった。

(拘束オナニー 参考動画)「千態万状拘束とオナニー」「千態万状拘束とオナニー」(様々な拘束プレーを集めた本作。オナニーや、淫らな形に拘束さてた女をチョメチョメ!・・・)

 ただ、この時拘束の練習というか、色々お試しができたのが、
「縄でも、ベルトでも、何でもいいから」
という言葉によるものだった。

 縄は単純に身体にグルグルと巻き付けるだけで、麻縄や縄跳びの縄、前述したような自転車の荷台用のゴムベルト、ゴムホース、そしてズボンのベルト等々・・・。

「今日はどうするの」

 何だか彼女も次々に私が持ち込んでくる拘束グッズに興味深々のようだった。
 結局自分にとっては革の拘束具を使うのが一番合っているという結論に達することができた。
 しかも、革の拘束具を複数の種類を使う(例:「イージーアクセススリング」「イージーアクセススリング」「イージーアクセススリング」)ことより、バラエティに富んだ拘束が可能なことも理解したのである。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考緊縛・拘束画像20枚【4】
   第108夜 【「SM専門用語」について】 
   拘束された女子は美しい。被虐美。拘束フェチ画像まとめ
   何処まで揃えるのか?SEX/ファッキングマシーン&拘束具
   新品バストハーネス