<あんなM女に>

 先般拙著のSM小説に対して以下の通りお便りを頂いた。
【3/13(水)「あんなM女にも、人妻にも、痴女にもなりたい」】

 これは、SM・戦時・痴女短編小説集「今日は何当番?」に対するものだ。

(SM・戦時・痴女短編小説集「今日は何当番?」収録作品あらすじ)
・「あのー、お便所当番てなんですか」新たにこの屋敷に来た留美は先輩のミチルに教えられて・・「今日は何当番?」
・祥子が拘留された愛しい人に面会するためには裸にならなければならなかった・・「明かされた淫芯」
・「あなたが再就職されるまでの間面倒をみさせて頂く仮の妻だと思って」・・「奉仕会の秘密」

 お便りにある”あんなM女”にもとは、収録短編の「今日は何当番?」の主人公留美を指していると思われるが、この話は、館に来た娘がM女として複数のS男性に調教され、最終的にあらかじめ決められているご主人様と共にその館を出ていくという話だが、ちなみに「お便所当番」とは、その当番の日はS男性からお呼びがあると飲尿しなければならない日である。
 また、”人妻にも”とは、収録短編の「明かされた淫芯」の主人公祥子を指していると思われるが、戦時中思想犯として拘束されている夫に会う条件として裸になったり、様々な恥ずかしい行為をさせられ、さらに人体実験として性具を使用され、やがて奴隷化していくというものだ。
 そして”痴女にも”とは、有閑夫人たちが職を失った若い独身男の住まいにおしかけ、ご奉仕と言いながらその若い身体を味わい尽くすというものだが、今回お便りを頂いた方には本当にそのような願望があるのだろうか。
 お便りの最後には「いつか調教をお願いするかもー。」とあった。

<彼女は他のM嬢が引き受けたくないようなプレイメニューを>

「今日は何当番?」については、むろん実在のそのような館がある訳ではないが、この話の元になったのは、某M嬢である。
 彼女は別に生活に困っている訳でもないのに、SMクラブのM嬢を務めている。
 しかも、数か所の異なるSMクラブに属し、各店でもずいぶん重宝しているとのことだった。
 なぜなら彼女は他のM嬢が引き受けたくないようなプレイメニューを、いや聞けばむしろそういう内容のメニューを進んで引き受けているというのだ。
「私って淫乱なの」
 とてもその一言で片づけられないと思うが、私としては数少ない真正のM女としてリストに載せている。

(真正のM女 参考動画)「真正ドM変態女のザーメン&小便ごっくん顔面崩壊2穴調教 杠えな」「真正ドM変態女のザーメン&小便ごっくん顔面崩壊2穴調教 杠えな」(「めちゃくちゃに犯してください。ザーメンもオシッコも飲ませてください。大好きなんです」一見しておとなしそうなふつうの女の子だが、実は変態性欲モンスター。ま○こに付けたピアスはドMペットの証。ケツ穴をヒクつかせ、牛乳浣腸汁を噴出しながら小便も垂れ流すというどうしようもなく下品なイキっぷり。ビンタ、イラマチオ大好きでヨダレダラダラグチョグチョになって発情。2穴SEX、集団輪姦、チ○ポから出るものはザーメンも小便も全部飲み尽くして、鼻フック汚顔で絶頂。真正変態女!!!)

「奉仕会の秘密」については、それほど組織的とはいかないまでも、どうやら似たようなことをしている方がいるようだ。
「なんたって、若いっていいのよ。それにあの人たちも困っているし、一挙両得でしょ」
 と語ったのはR夫人である。
 彼女は当初SMプレイの相談ということで知り合ったのだが、その後願望が変化してしまったようだ。
「・・・私も知らなかったのよ。でも、お友達から聞いてね、最初はドキドキだったし、相手もまるで獣みたいだったけれど、段々に慣れていくのね・・・」
 
 まだまだ世の中には満たしたいという性的な願望がいくらでもあるようだ。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考エムズの小説
   【官能小説】羞恥の教室 第3部 第十三章 淫獣たちの宴 【3】
   【SMチックな熟妻を晒したい願望】
   ドMの中出し奴隷友香の話 - エッチな体験談や萌えた体験談ブログ
   ざんげの部屋第3章