(トザサレタシロノナカデカタルイギリスジン)

<テーマ選択ポイント>
 被虐性に狂う時、性の絶対君主が登場したら・・・
 北斎の絵ではないが女体に軟体動物がからむとエロスは増幅する

<あらすじ>
 閉ざされた城という密閉された実験空間の中で、性の絶対君主が繰り広げる酒池肉林の諸場景を通してエロスの「黒い」本質に迫る。
 文学的ポルノの傑作としてつとに名高い、匿名のフランス人作家が発表した地下出版物の完全無削除版。

<本>

 著:ピエール・モリオン
 訳:生田 耕作
 出版 : 中央公論新社
(本作品に映画はありません)

<参考:著:ピエール・モリオン>
 =アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ(Andr? Pieyre de Mandiargues, 1909年3月14日 - 1991年12月13日)は、フランスの作家。
 エロティシズムの大家で、ピエール・ルイスの10作品の序文を書き、ポーリーヌ・レアージュの「O嬢の物語」「O嬢の物語」』の序文執筆、それに三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人』のフランス語翻訳も手掛けた。
 また、昔のポルノグラフィのオブジェ、玩具、写真のコレクションを所有していた。
 ロズウィックの短編映画『Une collection particuliere』はそのマンディアルグのポルノグラフィのコレクションを扱ったものである。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 非日常性の中へ飛び込む

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考閉ざされた城の中で語る英吉利人 [ブック]
   閉ざされた城の中で語る英吉利人
   閉ざされた城の中で語る英吉利人
   閉ざされた城の中で語る英吉利人
   イギリス人・ピエール・モリオン著