(キンバクノブンカシ ザ・ビューティ オブ キンバク)

<テーマ選択ポイント>
 緊縛=Kinbaku

<あらすじ>
 世界65か国に広まる「Kinbaku」ということばと文化! 緊縛が西洋でアートとして高い評価を受けている。本書は近年西洋世界で人気を博している日本の緊縛文化についてその起源をはじめ、結び縛ることの持つ奥深い意味から現代のアダルト産業における緊縛まで歴史的、文化的に紐解いた傑作である。世界に日本の緊縛文化の素晴らしさを広めた米国文化人著作の加筆翻訳書。 本書の構成と内容 第1章「緊縛の世界」では、緊縛の歴史をその起源から跡付けながら、それがいかに日本文化に深く根付いているか、明らかにする。稲作文化と縄や結びの繋がりから、武芸としての捕縄術、歌舞伎の責め場、浮世絵の責め絵を経て、戦後のSM雑誌、さらには映画、ビデオへと至り、現代的な緊縛が形成されていく過程が多数の図版とともにわかりやすく解説される。第2章では緊縛史に名を残す重要な人物を取り上げ、その業績を辿る。偏りのないそのセレクトは、むしろアメリカ人の著者ならでは。責め絵の伝統を引き継いだ月岡芳年や伊藤晴雨はもちろん、戦後SM雑誌を牽引した美濃村晃、辻村隆ら、また惜しくも先頃亡くなった濡木痴夢男や、リメイク版『花と蛇』への出演や壇蜜を縛ったことでも話題になった有末剛など、総勢26人が名を連ねる。第3章は「ハウツー」として、緊縛の基本的な縛り、すなわち高手小手、胡坐、菱縛りの3種の手順を、豊富な写真で図解する。そのほか、著書の緊縛写真を多数収録した「フォトギャラリー」や用語集も収録。

<本>

マスター“K" (著), 山本規雄 (翻訳)
出版社: すいれん舎 (2013/10/4)
(本作品に映画はありません)

<参考:緊縛>
 縄等でしっかりと縛るという意。
 アダルトビデオなどで受身の者を縄あるいは紐状もしくは帯状のもので拘束し身体の自由を奪う行為を指す。
 SMプレイでは服従的なパートナーを征服し性的欲求を満たす行為の一つ。
 縛り方により様々な形があり、服従的なパートナーを縛った状態で吊り上げる方法もある

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 第1章「緊縛の世界」―精神、歴史、産業
結びは日本文化と切っても切れない実用的かつ神聖な要素である
 緊縛の歴史と起源(1)捕縄術―捕え縛るための武芸
 緊縛の歴史と起源(2)公式の罰、非公式の罰―力の象徴
 野蛮から芸術へ―エロティックな責め絵の誕生
 ■ 歌舞伎と「新派」劇
 ■ グラフィック・アート
 出版と写真―伊藤晴雨とSMの進化
 ■伊藤晴雨の登場
 カストリ雑誌とSM雑誌の黄金時代
「現代的」SMの出現と第二次雑誌ブーム
 映画におけるSM―驚くべき日活の事例
 今日の緊縛―アートか、ポルノか、単なる個人的情熱か
 幕間 フォトギャラリー

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考:「緊縛の文化史 The Beauty of Kinbaku 」マスター“K" (著), 山本規雄 (翻訳) ( すいれん舎 2,940 円)
   ○縛の文化史
   リラックス効果も? 「春画」の次は「緊縛」が大ブーム
   「緊縛の文化史」ー青い目の見た縛りの世界
   心打たれる言葉(男性編)