(ヒトヅマカチクセンモンチョウキョウニンゼットタイワンカラキタイケニエオンナ)

<テーマ選択ポイント>
 台湾人を奴隷調教
 
<あらすじ>
 外国人奴隷は需要が多く供給は少ない。つまり高値でさばけるはずだ。しかも被虐感度抜群の美女ともなれば…。今回調教人Zの毒牙にかかった生贄は、ため息の出るほどのスリムビューティー外人家畜超特級品だった!

<映画>
人妻家畜専門調教人Z 台湾から来た生贄女人妻家畜専門調教人Z 台湾から来た生贄女
出演者:MIKA 諏訪優衣
監督:ダーティー工藤
シリーズ:人妻家畜専門調教人Z
メーカー:シネマジック
レーベル:完熟
ジャンル:調教・奴隷 監禁 SM アジア女優 浣腸
(本作品に原作本はありません)

<参考:監督ダーティー工藤>
 本名、工藤公一。北海道倶知安町生まれ。少年時代、その頃では珍しかったテレビが家庭にあり、大量の映像に触れる。力道山時代の日本プロレス・大瀬康一主演の「月光仮面」「隠密剣士」、松山容子主演の「琴姫七変化」などが当時のお気に入りだった。映画の最初の記憶は幼稚園の頃に観た藪下泰司監督の『こねこのらくがき』(57.短篇)。
 19歳で上京、文芸座・並木座・大塚名画座・フィルムセンターなどで邦画・洋画問わず新旧の映画を浴びるように観まくる。
 20代後半、“シネマトグラフ"という同人誌の創刊にかかわり、映画評論家としてキネマ旬報・ぴあなど様々な媒体に寄稿する。この頃からダーティ工藤と名乗るようになる。'02年には故工藤栄一監督の聞き書きをまとめた「光と影 映画監督工藤栄一」をワイズ出版より上梓。'04年には俳優丹波哲郎氏の膨大な聞き書きを6年かけてまとめた「大俳優 丹波哲郎」を上梓する。
 映画は'77年、仲間と作った8ミリ映画『マッド・ハンター 恐怖の追撃』を初監督。長いブランクの後、'99年、自伝的カルトムービー『縄文式』をBOX東中野でレイトショー公開する。'00年、シニカルな連続殺人もの『殺人無頼帖』をアップリンクファクトリーにて限定公開。'01年には『縄文式』の続編『縄文式2』を中野武蔵野館にてレイトショー公開。現在、新作映画『ふたつの女』(仮)、『東陽片岡のあま~い生活』(仮)を準備中。
日本映画監督協会会員。 (はてなキーワードより)

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 チャイナ服はSMにもよく似合う。

◆◆この映画・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:映画・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考:B164人妻家畜専門調教人Z 台湾から来た生贄女
   【MIKA 諏訪優衣】【長】人妻家畜専門調教人Z 台湾から来た生贄女
   衆人監視(透けた乳首を見られたくて)
   坂咲みほのエロ画像、潮吹きマンコのサセ神様【無修正有】
   ベトナム、韓国、中国、ヌード祭り