MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

SM映画・本

SM映画・本【NO.197「マゾッホとサド」】

<テーマ選択ポイント>
 自分や他人のことをサドorマゾと決めてしまう前に、目を通す必要があるかも

<あらすじ>
 マゾヒズムはサディズムの裏返しではない―。
 サドとマゾッホの相互補足性の限界を論じ、不当に歪められた作家マゾッホの独創性とすぐれた現代性を、神話学や記号学、文化人類学、臨床医学など広範な領域から読み解く。
 不当に歪められた作家マゾッホの独創性とすぐれた現代性を証すフランス思想の巨星ドゥルーズの名著。
(目次)
 ・サド、マゾッホ、そして二人の言語
 ・描写の役割
 ・サドとマゾッホの相互補足性の限界
 ・マゾッホと三人の女性/父親と母親
 ・マゾッホの小説技法の要素
 ・法、ユーモア、そしてイロニー
 ・契約から儀式へ
 ・精神分析学
 ・死の本能とは何か?
 ・サディスムの超自我とマゾヒスムの自我

<本> 

著者: ジル・ドゥルーズ /蓮実重彦
出版社: 晶文社
(本作品に映画はありません)

<参考:著者ジル・ドゥルーズ>
(Gilles Deleuze, 1925年1月18日 - 1995年11月4日)は、フランスの哲学者。
 パリ第8大学(ヴァンセンヌ-サン・ドニ)教授。
 パリ生まれ。ほとんどパリから離れる事はなかったという。
 ソルボンヌ大学で、カンギレムやイポリットらのもとで学ぶ。
 ただし、当時は、サルトルの影響の方が強かったが、それは哲学的な概念上の影響というより、その「時代」によるものらしい。
 共産主義や現象学にはあまり同調しなかった。
 近世哲学史の読み直しをはかろうとする研究から、哲学者としてのキャリアをスタート。
 ベルクソン、ニーチェ、スピノザ、ヒューム、カントなどについて、彼独特の視点から論じた研究書を次々に書きあげる。
 その過程で自身の哲学を練り上げていった。
 ドゥルーズは、数学の微分概念を哲学に転用して、差異の哲学を構築し、スコトゥスの存在の一義性(これについては、アラン・バディウのドゥルーズ論に詳しい)という視点から、ヒューム、スピノザ、ベルクソンらの著作を読み解いた。
 また、プルーストやカフカやマゾッホ・サドといった近代文学の読解、画家のフランシス・ベーコン論、映画論(『シネマ1, 2』)などの著作も著している。
 フーコーとの親交は良く知られ、彼の死後、フーコー論を著す。

<参考>
 マゾッホについては、NO.4「毛皮を着たヴィーナス」を参照
 サドについては NO.30「発禁本-SADE」、NO.3サド「悪徳の栄え」参照

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 ・サド、マゾッホ、そして二人の言語
 ・サディスムの超自我とマゾヒスムの自我

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい
 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考マゾッホとサド
   '10読書日記86冊目 『マゾッホとサド』ジル・ドゥルーズCommentsAdd Staropukeni
   『ドゥルーズ――没後10年、入門のために』河出書房新社

SM映画・本【NO.196「調教前の女たち」】

(チョウキョウマエノオンナタチ)

<テーマ選択ポイント>
 いつ理想のパートナーと出会うかわからない。
 素質を持つ相手は以外に近くにいるかも・・・

<あらすじ>
 恥らう乙女がだんだんと大胆に脱ぎはじめる!
 SM界のなかでも過激さで名高い志摩紫光は、モデルをすべて素人女性のなかから発掘して徐々に調教していく手法をかたくなに守っている。
 女たちはいつのまにか調教師の命じるままに過酷で羞恥な緊縛や放尿プレーに嬉々として従う。

<本> 

著者: 志摩紫光(シマ シコウ)
出版社: イースト・プレス
(本作品に映画はありません)

<参考:志摩紫光(シマ シコウ)>
 志摩紫光は、AV監督、女体調教師。志摩プランニング代表取締役。
 中学2年の時にSM雑誌『奇譚クラブ』を見て「雷が頭に落ち、凄まじい音を立て、全身を駆け巡ったかのような衝撃」を受ける。
 以来SMを独学で探求、高校2年のときに好きだった女の子を縛ったのを皮切りに、さまざまな女性遍歴を経て、独自の女体調教理論を確立する。
 みずからの表現方法をSMではなくBD(ビンディング・ディシプリン)と称し、他のSM系専門アダルトビデオメーカーとは一線を画した作品作り、調教を施している。
 奴隷との徹底した信頼関係と徹底した責めを究極愛と名づけ、その世界観に共感するファンは多い。
 なおAV制作のみならず、SM雑誌などでの連載も多い。
 (参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<志摩ワールド>
(究極愛)
「何故?」
 何故に全身縛られながら屈辱的な行為を受け、 それを受け入れることができるのだろうか。
 耐えられんばかりの激痛に耐え、絶叫をあげながら自らの肉体をさらけ出し、全てを委ねることが出来るのだろうか。
 男の飽くなき探究心は女をどこまでも受け入れてしまう。
(BDプレイ)
 表面に捉われず実際にご覧になって 女の性の深さ、強さを感じて欲しい。
 その中に存在する「究極愛」を。
「B」=ビンディング 縄やボンテージ、愛で拘束する。
「D」=ディシプリン 罰を与え認識を改めさせ、本来の姿へと戻す。
志摩紫光オフィシャルサイト
志摩紫光ブログ
愛奴日記

志摩紫光作品例

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 多くの女性の中に秘められていると思われるM性。
 それが経験豊かな導き手により引き出されていく。

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考葵のプロフィール
   女王さま小向美奈子、官能SMショー開催!舘ひろしをたたいて、縛りたいと絶叫!
   叶恭子、初監督作いよいよ公開!官能映画の極致!SM、3P、同性愛、調教など…すべての愛の行為を活写!
   新米マスターの為の、SMでの調教の楽しみ方 初級編その1

SM映画・本【NO.195「女体調教人 カサンドラ」】

(ニョタイチョウキョウニン カサンドラ)

<テーマ選択ポイント>
 女体の秘部を知り尽くしている女が、未経験な女を調教する。

<あらすじ>
 殺人を犯した過去を持つカサンドラは、闇組織の中で美少女たちの調教人として君臨する。
 彼女の調教のおかげで、またひとりの少女が高級商品に変わっていく…
 *「プリズンオークション」シリーズで知られるロイド・A・シマンドル監督が描く調教エロス

<映画>

出演: マルセラ・ホドナ, ジョン・カマー, エヴァ・ネメス
監督: ロイド・A・シマンデル
メーカー: アットエンタテインメント
レーベル: Petit
(本作品に原作本はありません)

<参考:*「プリズンオークション」>

出演: ジャスティン・プリーストリー/トッド・ファール/エバ・アイクマジェローバ ほか
監督: ロイド・A.シマンデル
販売元: パンド
 冷酷な手腕で女たちを統治する最高指揮官エリカ。
 囚われの美女たちは商品、奴隷、快楽の道具として弄ばれ……。
 女性を美しくとらえたカメラ・ワークによる究極のエロスが満載。

出演: フォーニア・マンディ/エスター・ハヌカ/ジョン・カバー
監督: ロイド・A.シマンデル
販売元: パンド
 シスターに育てられた清純な少女たちが、奴隷が売買されるおぞましい現実の中に身を投じる……。
  エロティック・ドラマ『プリズン・オークション』シリーズ第2弾

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 男では気づかない調教の勘所が・・・ 

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

SM映画・本【NO.194「月刊 マゾヒスト 調教編」】

(ゲッカン マゾヒスト チョウキョウヘン)

<テーマ選択ポイント>
 マゾはご主人様へのご奉仕が基本、そのためには・・・

<あらすじ>
 伝説の緊縛師“雪村春樹”がSMプレイをPOPにHにプロデュース!!
 男にHな御奉仕をするのが大好きな「かわいいマゾっ娘」だけを特集!!
「スカトロ」なんかの下品なSM作品じゃない!!
 全く新しい「新感覚のSM」が詰まったスペシャル作品!!
「調教プレイ」でまとめた豪華4時間です

<映画>
「月刊 マゾヒスト 調教編」「月刊 マゾヒスト 調教編」
出演者: 梶原まゆ 武藤さき 蕪木あんな 渡辺弓絵 すみれ 早乙女みなき(朝倉なほ) 小室優奈 嶋田舞 南かづは 川村由貴 ミュウ(夏目ミュウ、春川リサ、夏目衣織)
シリーズ: 月刊 マゾヒスト
メーカー: クロスワールド
レーベル: snow
(本作品に原作本はありません)

<参考:緊縛師“雪村春樹”>
 1943年生まれ、兵庫県出身。
 十代の頃よりSMに目覚め、東京に移住してから自らのSMレーベルを立ち上げ、緊縛師として精力的に活躍。
 『縛ることは女性に奉仕すること』という信念のもと、『縄法師』の異名を持つ。
 その愛撫にも似た『縛り』は多くのマニアを魅了している。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 調教というよりジワジワと飼い慣らしていく姿勢がグー。

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考『風俗奇譚』の書誌、および「臨時増刊」一覧(戦後性風俗雑誌の研究:その3-1) [性社会史研究(性風俗雑誌)]
   PENICILLIN TOUR 2014「瑠璃色のプロヴィデンス」 @ 岡山IMAGE

SM映画・本【NO.193「そしてやさしく踏みつぶす」】

(ソシテヤサシクフミツブス)

<テーマ選択ポイント>
 S女王様への転職?? 
ま、たまにはいいか

<あらすじ>
 プロの料理人がSMの女王様になり、熱気渦巻く厨房から淫靡な地下牢へ飛び込んだら…?
 本書の著者スーザン・ワインメーカーは、料理人として味覚や食感の限界に挑み、そして女王様アンナとしても同じアプローチで客をエクスタシーへと導く。
 やがて女王様のルールを破って恋に落ちた客は、限界への挑戦にとりつかれた真性M。
 彼とのあいだに起きる「化学反応」がきっかけとなり、やがてふたりはダンジョンを飛び出し…

<本>

著:スーザン・ワインメーカー  訳:大須賀典子
出版社: アスペクト
(本作品に映画はありません)

<参考:著者:スーザン・ワインメーカー>
(Susan Winemaker)
 カナダのトロント生まれ。
 マギル大学で哲学を専攻。
 卒業後は調理師学校に進んでプロの料理人に。
 単身移り住んだロンドンでたまたまSMの世界に足を踏み入れ、以後5年にわたり「アンナ女王様」として数千人の男を屈服させる。
 現在もロンドン在住。
 2007年2月、『そしてやさしく踏みつぶす』で文筆家デビューを果たした。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 ロンドンでSMというなんとも古典的な舞台設定で、実話を基にしたのがいい。

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考露出マゾ 野外調教うれしいな
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール