MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

カウントダウン

【NO.487「SMカウントダウンと事始め」】

<SMカウントダウン>

 以前は
”紅白歌合戦”が始まるまで、
若しくは遅くとも”ゆく年くる年”が始まるまでには、
本年最後のSMプレイを終えるというのが習慣の時もあった。

 ”美春”のように百八を数える鞭打ち、
 ”楓”のように百八滴を数えるお尻タブへのロウソク垂らし、 
 ”加奈子”のように百八回目の浣腸を私の前で迎える、

等々日本人としてのこだわりか、またはそれがSとMの二人だけの関係を現すためだったのか、恐らく両方以上の意味があったのではないかと思う。

(参考動画)
108つぶっかけ 煩悩ザーメン108発喰らえっ!!
除夜の鐘と同じく108発のザーメンを雨木夕紀と秋葉あずさにブチまけるというバカ企画。それだけでなくザーメン市中引き回し、年越し小便ソバ、イラマチオ等も実行)

 以前あるイベント専門のバーでは、大晦日に百八の鞭打ちを行うことが名物だった。
 今でもSMバーやハプバーで、12/31(日)にカウントダウンパーティを行うところが以下の例のごとくあるが、いったいどのような形なるのだろうか。
 東京アルカディア:アルカディア☆カウントダウン
 六本木Fetish Bar Dolce:カウントダウン闇鍋Party♪
 アンダーグラウンドバーSleeping Beauty:渋谷最大級のカウントダウンパーティー!
 WakuWaku Bar 九二五九:カウントダウン


<SM事始め>

 では、明けて正月を迎えてとなると、当時はこれまたスタートは初詣、
若しくは初詣直後が
”SM事始め”だった。

 スタートが初詣と書いたのは、先般【NO.486「着物と緊縛」】にも書いたように、和服の下に緊縛をしたまま初詣をした女性もいたのである。
 そう、例えば百合子の場合である。
 彼女の場合は、ふだんでも着物の場合が多いこともあって、正月の晴れ着のようなものでも自分一人で着られるので、例えば亀甲縛りをしてから着ても、後で脱いでも外見上は何ら問題がなかった。

(参考動画)
大晦日に起きた奇跡!憧れのアノ子がデリヘル嬢になって現れた!(今年も最後、「いいことありますように・・・」と男性が電話をかけたデリヘル。しばらく待つと、羽織袴姿の加藤えまちゃん登場!な、な、なんと、彼女は憧れのクラスメートだった! 久しぶりの再会に「本番しちゃおうか?」と彼女の方から誘われちゃいました。まさにラッキーw 激しく興奮する男性、ちょっと恥かしがる、えまちゃん。男性の舌使いに恥じらいながらも気持ちよくなってメロメロ・・・)

 そう言えば、美奈子の場合は、ヴァギナとアナルに交互に墨をたっぷりふくませた筆を挿入して書初めさせたのだが、なんだかはまってしまったようで毎年1月に会っては、その腕をあげていった。

 ちなみに 先にご紹介したSMバーの東京アルカディアでは、新年の初日から”SM事始め 和風折檻”がテーマである。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい
 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

【NO.382「SMカウントダウン」】

<百八つの鞭打ち>
 今宵クリスマスの夜からすれば少々気が早いと云われるかもしれないが、そろそろ年末が身近に感じてきた。
 年末の秒読みは、洋風に言えばカウントダウン、和風に言えば除夜の鐘というところだろうか。
 以前、某SMバーでは、除夜の鐘の代わりに百八つの鞭打ちを行っていた。

<鞭打ち参考動画>

(ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは…奥さまはマゾだったのです!押入れに締まっておいた縄で自らを縛りローターオナニー。洗濯バサミで乳首を挟んで自慰することが気持ちいい。ムチで叩いてとおねだりし、悲鳴をあげて快感にひたる。びっちんばっちん責められ白い肌がミミズ腫れで真っ赤になっても、満面の笑みでご満悦・・・)

 むろん、それは一組でこなすのではなく、打ち手は除夜の鐘つきのように毎回代わり、ただ、受け手は金属の鐘ではないので、何人ものM女、M男が交代で行うのである。
 ひょっとして今年もそういうことを行う所があるかもしれない。

参考:12/31カウントダウンイベント
    Jailカウントダウン
    WakuWaku Bar 9259

 なんでこのようなことを話題にしたかと言えば、これにちなんで忘れることのできないM願望の女性達がいたからである。
 ”達”というのは二人の姉妹のことである。
 姉妹でSM相談というは初めてで、それ以来も一度もない。

 姉妹と言っても実は二人は双子なのである。
 互いにライバル意識が強いらしく、何にでも競い合ってきたという。
 
 後から思えば、M願望の達成というよりも先に、互いに自分の方が優れているということを証明したいというのが本音だったのではないか。

<除夜の鐘が鳴り始めてから、鳴り終わるまで>
「SMってとっても辛いんですよね」
「・・・」
「どんな辛いことでも耐えてみせますから、お願いします」
「・・・」

 このように二人とも言葉は違っても意味は同じことをひたすら繰り返すのだった。
 私はこれには唖然として答えようがなかった。

「鞭打ち(参考:ソフト6条ムチ (黒)
ソフト6条ムチ (黒)
)108回でお願いします」

「??」
「12/31でお願いします」
「???」
「除夜の鐘が鳴り始めてから、鳴り終わるまででお願いします」
「????」

<鞭打ち参考動画2>

( 性奴隷として捕らえられ地下室に監禁!口もマンコもチンコを挿れられるためだけの穴と化す!首輪をつけられ人間以下の扱いを受けるのは、ドM美女の清水早紀ちゃん!限界以上にチンコを根元まで咥えさせられ、吐いているのかと思うほど大量に唾液をたれながし、これでもかというほど喉奥にぶち込まれたあげく顔面べちょべちょの大量顔射!お次は手を縛られてのバイブ責め!責められる間もムチで容赦なく叩かれ、尻肉が赤く腫れあがって・・・

 とにかく、二人を同時に責めて欲しいというのが一番の願いだった。
 ただ、当時はSMでの知り合いも少なかったので、
「これは、二人で行った方がいいと思いますが、もし人数がそろわなかったら中止にしますか」
「そしたら、お一人でお願いします」
「・・・」

 結局、私一人で、SMホテルを使って行ったのだが、とにかく疲れた。。
 ホテルのテレビで除夜の鐘の中継を見ながら、交互に鞭打ちを繰り返した。
 それも数を数えながらである。
 結局二人共、
「ひっ」
「うっ」
というような小さな声以外はほとんどあげず、最後までこらえていた。
 これは鞭打ち経験初めての女性としては珍しいことだった。

「どうもありがとうございました」
と最後に揃ってお礼を言われた時は、その一年の疲れがどっとでたように思った。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考除夜の鐘と共に
   †11 カウントダウン
   催眠(略)気持ちいい カウント91 (986)
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール