MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

サディスティックサーカス

【NO.470「秋のSM系イベント真っ盛り」】

<DXSMライブ、SM神社祭り>

 天高く馬肥ゆるとして季節として誘われるのは読書や食欲だけではない。
 秋はSMの季節でもあるのだ(笑)。

 もはや春・秋恒例ではあるが、来る9/11(月)からは二週間DXSMライブが開催される。
 縄師・緊縛師・またSMパフォーマーと呼ばれる人々がこれだけで一堂に会するのは、現在このDXSMライブが一番だろう。

2017_0911W

 むろん、M女やM男も勢ぞろいし、さらに浣腸・アナル系、またスカトロ系のマニア・ファンにとってはこの期間は見逃せない日々となる。

 また、9/12(火)に開催されるのが、こちらもSMの伝統行事として定着しているのが長田ゼミナール主催のSM神社祭りである。

86ff50b9f7203ffd16422c15677b1383


 長田先生ご自身は2001年9月に亡くなられたがSM界にとってその足跡は重みがある。
 尚、上記の両行事は日にちが重なっているが、同じ東京の新宿なので掛け持ちすることも可能である。





<サディスティックサーカス、フェチフェス>
 
 以下の行事はSM専門とはいかないが、SM系の行事と言っても過言ではないと思う。

 まずは、9/9(土)開催予定のサディスティックサーカス2017である。

mainvisual

「古今東西いろいろあれど、今宵催されます「真夜中のサーカス」はちょっとやそっとじゃ、お目にかかれる代物じゃございません。
題してSADISTIC CIRCUS、禁断の情念の祭典。この晩だけ全国より馳せ参じた異形の者が大結集し、皆様を幻惑の世界へと誘います。」
 
 また、フェティッシュなパフォーマーの集まりと言えば9/23(土)に開催される「フェチフェス11」である。

WnXUXXxt_400x400

「フェチフェスは「世界に誇るジャパニーズ“フェチ”という共通テーマの下に、アーティスト・コスプレイヤー・女優・AVとジャンルの境界線を越えたボーダレスな即売会&パフォーマンスイベント」

 むろん上記の4つだけではなく、SM情報サイトMドリームのイベントコーナーでもご紹介しているように、SMの催しはほとんど毎日のように開催されている。

  そして、これらのイベントに参加する方々は、多かれ少なかれSM系に興味のある方々なので、同志向者との出会いを求める方にはチャンスなのである。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考フェチフェス04体験レポート2~フェチから広がる交流の輪!異形が集う混沌空間で出会いを楽しむ!
   オサダゼミナールPresents「縛りのプロローグ」
   SMと芸術 『明智伝鬼』
   サディスティックサーカス2015 [演劇]
   DX歌舞伎町SM大会

【NO.322「見世物小屋】

<「真夜中のサーカス」>

 「古今東西いろいろあれど、今宵催されます「真夜中のサーカス」は
  ちょっとやそっとじゃ、お目にかかれる代物じゃございません」
というイベント
 「SADISTIC CIRCUS」(画像は SADISTIC CIRCUS のサイトから転載)
のコピーを最初に目にしたのは、2002年のことである。

 そのコンセプトは「見世物小屋 
何やら時代がかった言葉だが、
”その時代で観たかった、珍しかった風物が見られる場”
とでも云えばいいのだろうか。

 当時取材した時のメールマガジンの記事を引用すれば以下の通りである。

----------------------------------------------------------
【9/22(日)LUNErSがアダルトな見世物小屋と化した】 

 前70号のNEWSコーナーでご案内しました
「SADISTIC CIRCUS」 
に参加してきました。
 22:00OPENにもかかわらず、雨の中もう30分以上も前から開場入口に列ができて、それは地下鉄の入口まで続いていました。
 一見すると普通のクラブの入口と変わらないのですが、看板をもっている小人、その横でパフォーマンスをしている上半身裸で黒エナメルの前掛けの男、モギリに網タイツボンデージスタイルのお肌むきだしの女性とくれば、どうみても何かが起こりそうな雰囲気でした。
 ドアを開けて入ると暗い地下へ降りるような階段と、ミラーボールのキラメキが一層雰囲気をかもし出していました。

 22:40 PART1 SHOW TIME
  「こびとの魔術ショー」(まめ山田)
  「フェーク美女歌謡ショー」(Ellena Ferragamo)
  「火を吹く女とコヨーテアグリー」(チーム・アマデラ)
  「尼僧の倒錯ショー」(ルル&86B210)
  「SMイリュージョン」(宝紅緒&四季かほり)

 何気なく二階席からショーを見ていた黒髪の女性が、突然私の目の前でパンツを降ろしました。そこに現れた のは黒のティーバックと見事なヒップ。
 上着はそのままなので、妙にエロティックさを感じさせられた光景でした。
 ふと見ると似たようなヒップが、いやこれは男性でした。

 00:05
  「金粉ダンスショー」(ハナ&フレンズ)

 00:45 PART2 SHOW TIME
  「見せ物小屋」(入方興業)
  「アラビアンナイト舞踏」(ヴェリ-・アキコ)
  「制服OLくすぐり地獄キャットファイト」(すぐリングス)
  「家畜女調教ショー」(ミストレス龍崎飛鳥)

 参加者は、まさに老若男女問わず、強いて言えば未成年者がいないことくらいでした。
 当初は女性が少ないのではないのかと思っていましたが、実際は男性を上回りそうな勢いでした。
 ショーを見ながら楽しそうに会話している若い男女のカップルを見ると、それはどうみても好きな映画を仲良く鑑賞しているとしか見えませんでした。

 02:50 PART3 SHOW TIME
  「シュールサーカス・マイム」(くるくるシルク曲芸団)
  「インプラント施術・人体改造ショー」(間宮英三)
  「Ruber Girl/FETISH SHOW」(明日香)
  「SM緊縛吊しショー」(明智伝鬼)

 こんなすてきなショーに埋もれ、参加者の独特の衣装と熱気がさらに雰囲気を盛り上げてくれました。
 ショーを演じた方へ、華やかでエロティックなボディを見せてくれた方へ、
 そしてBLACK HEARTさんへ、感謝!感謝!感謝!
 できればこのような催しをまたお願いします。
----------------------------------------------------------

 尚、2002年9月と云えば個人的なことになるが、S県でサラリーマン生活を送りながらSM活動を行っていた当ブログ主宰川口青樹が、上記の「SADISTICCIRCUS」の記事を掲載した同じメールマガジンに【9/27(金)Mドリーム主宰の川口が東京にて独立】というNEWSを掲載し、SMがメインの生活になった頃のことである。

<2014は2日間>

 2002年以来、既に10回開催された「SADISTIC CIRCUS」だが、本年は2日間に渡って行われる。

題してSADISTIC CIRCUS禁断の情念の祭典。この晩だけ世界中より馳せ参じた異形の者が大結集し、皆様を禁断の世界へと誘います。
 長らく闇に封印されていた「見てはいけない物」のオンパレード。ありとあらゆる魑魅魍魎が一夜の邂逅を求めて、娑婆から彼岸へと向かいます。。
 都会の変態夢遊病者が集うこのパーティーには、心臓の悪い方と妊娠されている方、20才未満は入れません。フェティッシュな大人だけの秘密のパーティー。ボンデージでも仮装でもご自由に自分を表現してのご来場をお待ち申し上げます。
 DJも参加して大いに盛り上げるトランスパフォーマンス&お祭り空間。本気度満点、あらゆる身体芸術の今が見える、邂逅と出逢いの祭典
」( 「SADISTIC CIRCUS」のサイトから引用)

http://www.sadistic-circus.com/14news.html"">
(画像は SADISTIC CIRCUS のサイトから転載)
日程:9月13日(土曜日)Aプログラム
   開場18:00 /開演19:00~終了22:30(予定)
   9月14日(日曜日)Bプログラム
   オールナイト
   開場21:00 /開演22:00~終了05:00(予定)
会場新宿FACE(Shinjyuku FACE) 
    〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-20-1
     ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F
   TEL 03-3200-1300  
料金 :9月13日(土)Aプログラム
    前売券(指定席)9.500円 (立見席)7.500円
    当日券(指定席)10.500円 (立見席)8.500円
    9月14日(日)Bプログラム
    前売券(指定席)12.000円 (立見席)10.000円
    当日券(指定席)13.000円 (立見席)11.000円
    ※前売券が完売すると、当日券の販売はありません。
    2-DAY チケット
    9/13Aプログラム+9/14Bプログラム2日間通し券(前売のみ111席限定・特別席)
    指定席:前売り17.000円
    ※別途ドリンク代500円が入場時に必要です。
     前売券 チケットぴあ(Pコード627-101)
         ローソンチケット(Lコード:37892)

 果たして今年は、どんな見世物が見られるのか大変楽しみである。

◆◆SMの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:日曜日はサディスティックサーカス!!
   第百四話 サディスティックサーカスの写真<前編>
   【イベント告知】9/29 サディスティックサーカスにブース出展!
   SM女王様 樹莉の世界 2月の活動総決算!&春の予定ー。
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール