<自ら奴隷をあることを宣言させる>
 
 陵辱といっても、M女の身体を傷つける訳ではない。
 その身体に描かれた文字や模様で、自ら奴隷をあることを宣言させるだけのことである。
 これは「007ゴールドフィンガー」に代表されるようなボディペイントがヒントだった。
 当初は墨で書いたり、絵の具で描いたりしていたが、それではシャワーで洗い流すだけで簡単に消えてしまう。

(ボデイペイント 参考動画)


 そこで準備も簡単で、しかもすぐに消えないことにより多用したのがマジックインキだった。

 だが、個人的な調教を別にすると、旧M願望女性のためのサイトMドリーム(現SM情報サイトMドリーム)のプレイ相談として願望を叶えるとなると話は違ってきた。

 つまり、プレイのその時は問題ないのだが、そのままの身体で日常生活に戻るとなると支障が出るのである。
 そこで当時とのモノとは多少異なるが陵辱テープ陵辱テープを使った。

<陵辱感を味わっている>

 しかし、時代と共に、マジックインキのような効果がありながら、後で簡単に消すことができるペン(例:カラダラクガキカラダラクガキ)や、TATOO(刺青)と見まごうばかりのシール(例:淫紋ボディシール淫紋ボディシール)まで登場してきた。

 そしてハイソックス陵辱ニーハイ陵辱ニーハイにまで使われ、果ては、ネイル製品(例:陵辱ネイルシール陵辱ネイルシール)まで出てくるとなると、大げさに言えばもう”M女ファッション”とでも言いたくなる。

(陵辱 参考動画)
「衝撃!全身淫語タトゥー変態女 ドSな元カレに全身淫語の刺青を彫られたドMな変態女 ~これが私の生きる道~ RIKAKO」「衝撃!全身淫語タトゥー変態女 ドSな元カレに全身淫語の刺青を彫られたドMな変態女 ~これが私の生きる道~ RIKAKO」

 もっとも上記の動画ほどではないにしても、玲子(仮名)のように、元のプレイ相手に股間やお尻に刺青をされてしまったというケースには驚いた。
 その話を聞いた当時でも、形成外科等により手術でその刺青を消すことは可能だったらしいが、彼女にとっては別れてもSMプレイへの思いが強く、むしろ新たなプレイ相手にそれを見せつつその陵辱感を味わっているというのだからM女の心理を理解するのは難しいと思った。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考素人さんのボディペイントwww露出、投稿画像はえぐいなあ、ツー画像
   ボディペイントで実はおっぱい丸出しのおねえさんに目が釘付けになるエロ画像♪
   じっくり舐めるように見たいオマンコボディペイントのエロ動画像:その2
   魅惑のおっぱい奴隷11 欲情マ○コにたっぷり中出し
   SM小説-陵辱-第10話