(キンバク)

<テーマ選択ポイント>
 身体だけではなく、心も縛って欲しいと願うのが、真性のMのような気がする

<あらすじ>
「わたしを縛って…」
 心も体も強く縛られることを欲しながらも、二人の男とのアイマイな情事を淡々とくり返す美緒、三十二歳。
 その日常の果てに彼女の心が向かう先は…。
 第十八回太宰治賞受賞作。

<本> 

著:小川内初枝 筑摩書房
(本作品に映画はありません)

<参考:著者小川内初枝(オガワウチ ハツエ)>
 1966年、大阪府生まれ。大阪府立大阪女子大学国文学科卒。
 広告・出版会社をはじめとして数度勤め先を変えながら小説を執筆。
 2002年、第十八回太宰治賞受賞

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 わたしは、いつから縛られる女として、利明の前にいたのだろう。
 「縛って」
 一瞬、首を小さく後ろにひいて固まった土井は、ひと呼吸おいて愛おしむような目をつくり、ささやいた。
 良かった。これでぶってなんて言われたら、どうしようかと思った。 (本文より引用)

◆◆この本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考文芸本3冊
   緊縛/小川内 初枝
   緊縛 小川内初枝
   太宰治賞2002
   小川内初枝「長い予感」読了