(シュンキンショウ)

<テーマ選択ポイント>
 春琴が就寝中に熱湯を顔面にかけられ持ち前の美貌を損なった後、佐助が自ら目を突き失明する下りは、マゾヒズムを超越

<あらすじ>
 物語は春琴の墓を訪ねる「私」のモノローグから始まる。
 大阪道修町の薬種商鵙屋の次女、春琴(本名は琴)は9歳の頃に眼病により失明して音曲を学ぶようになった。
 春琴の身の回りの世話をしていた丁稚の佐助もまた三味線を学ぶようになり、春琴の弟子となる。
 わがままに育った春琴の相手をさせようという両親の思惑とは裏腹に、春琴は佐助が泣き出すような激しい稽古をつけるのだった。
 やがて、春琴が妊娠していることが発覚するが、春琴も佐助も関係を否定し、結婚も断る。
 結局春琴は佐助そっくりの子供を出産した末に里子に出した。
 やがて春琴は20歳になり、師匠の死を期に三味線奏者として独立した。
 佐助もまた弟子兼世話係として同行し、我が儘がつのる春琴の衣食住の世話をした。
 春琴の腕前は一流として広く知られるようになったが、種々の贅沢のために財政は苦しかった。
 そんな中、春琴の美貌が目当てで弟子になっていた利太郎という名家の息子が春琴を梅見に誘って口説こうとするが、春琴は利太郎を袖にしたあげく、稽古の仕置きで額にケガをさせてしまう。
 その一ヶ月半後、何者かが春琴の屋敷に侵入して春琴の顔に熱湯を浴びせ、大きな火傷を負わせる。
 春琴はただれた自分の顔を見せることを嫌がり、佐助を近づけようとしない。
 春琴を思う佐助は自ら両眼を針で突き、失明した上でその後も春琴に仕えた。
 佐助は自らも琴の師匠となり、温井(ぬくい)琴台を名乗ることを許されたが、相変わらず結婚はせずに春琴の身の回りの世話を続けた。
 春琴は明治19年に脚気で亡くなり、佐助もまた、その21年後の明治40年に亡くなった。

<本>

著:谷崎潤一郎 新潮社

<映画>
「春琴抄」 
製作:1976年 日本 東宝
監督:西河克己 ニシカワカツミ
出演:山口百恵 ヤマグチモモエ (お琴)
   三浦友和 ミウラトモカズ (佐助)
   中村竹弥 ナカムラタケヤ (鵙屋安左衛門)
   風見章子 カザミアキコ (しげ)
   井原千鶴子 イハラチズコ (お良)
解説:文豪谷崎潤一郎の原作をもとに、琴の名手・春琴と下男・佐助の愛を描く純愛ドラマの五度目の映画化

<参考:1933年発表>
『春琴抄』(しゅんきんしょう)は、谷崎潤一郎による短編小説。
 1933年(昭和8年)6月、『中央公論』に発表された。
 初めは気高く丁稚風情である佐助との結婚を拒んでいた春琴が、年を経るうちに軟化してきたことに対し佐助が拒絶を示していることにも現れている。
 つまり佐助(谷崎)は、自らのマゾヒスティックな趣向を満たしてくれる女性を必要としているだけであって、献身自体が目的であるわけではないのである。
 実際、谷崎は自伝小説『異端者の悲しみ』の中でそのような心情を述べている。
 また作中で春琴は、美しく、非常に気高い女性として描かれており、常に佐助に対して高圧的に臨んでいる。
 しかし顔面の負傷後は佐助に対して自らの容姿を恥じるなど弱い面も見せている。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 ・・・もうよいから足を温めよと云ふ畏まって裾の方に横臥し、懐を開いて彼女のあしのうらをわが胸板の上に載せたが胸が氷のごとく冷える・・・

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考谷崎潤一郎『春琴抄』とマゾヒズム
   谷崎潤一郎
   『春琴抄』、佐助と春琴について
   12/4(日) 読書会5 谷崎潤一郎『春琴抄』+クリスマスパーティー&忘年会
   谷崎潤一郎の『春琴抄』はSMなのか、純愛なのか?