MドリームのBlog

SM願望の方のための情報ブログ:SMの話題、イベント、プレイ、パートナー、グッズ、小説、ゲームお便り等をご紹介

桜田伝次郎

SM映画・本【NO.259「鬼達磨」】

(オニダルマ)

<テーマ選択ポイント>
 故明智伝鬼先生の師匠として昨年25年ぶりにSMショーの復活ライブを行った伝説の桜田伝次郎。
 この監督のSMAVは一味違う。

<あらすじ>
 人気SM作家・鬼八の妻である「もえ」。
 しかし、SMの事など何も知らない人妻は、夫の留守中に興味本位で弟子に近付く。
 弟子は色っぽい赤襦袢の人妻を見ると、心から湧き上がる感情を抑えられない。
 四つん這いで縛られていく人妻。
 その現場を見た鬼八は怒りに狂い、妻を麻縄で縛り上げていく。
 達磨にされ、執拗な電マ&バイブ責めにもがきながら潮吹き、強制絶頂!激しく突かれる中出しFUCKに意識が遠のく…

<映画>
「鬼達磨 大石もえ」
出演者: 大石もえ
監督: 桜田伝次郎
シリーズ: 「鬼達磨」
メーカー: アイエナジー
レーベル: 暴縛
ジャンル: SM 人妻 潮吹き 調教 単体作品
(本作品に原作本はありません)

<参考:桜田伝次郎 (さくらだ でんじろう)>
 1970年代後半よりSM実験劇から数々のSMショーまでもプロデュースし、SMの潮流を興した伝説の仕掛け人。
 20才の当時、まだ闇に閉ざされていたSMというアンダーグランドで長田英吉(オサダゼミナール)や玉井家敬友(シアタースキンダル)賀山茂氏 (SMサロンSAMM)らと交流し、緊縛師としてSMショーの全盛期を確立、週刊誌やスポーツ誌に「SM」という大きな活字を披瀝させた草分け的な存在。
 SMマニアの殿堂であったGSG企画(西荻)、SMボンバー(大塚)、東京 SM倶楽部(中野)などの数々のSMショーを主宰し、ニューヨークからショーのオファーを受けたSM界の寵児であったが、1985年忽然とSM業界から引退。
 絶賛のSMショーはやがて弟子である明智伝鬼に引き継がれ伝説の人となった。
 主宰するSMショーの撮影作品は、AV(アダルトビデオ)起源の先駆けとなり、AV業界の盛隆に合わせて、AV監督としてセクシャル業界に復帰、二十数年が経つ。

<本ブログ主宰 川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
 ただやみくもに責めるのではなくストーリーの中でジワジワと・・・ 

◆◆このDVD・本をご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考新しいとびら

【NO.429「浣腸プレイ願望」】

<「浣腸に興味があるが・・・」>

 今週の月曜日に【11/14(月)このグッズはグッド252<注射器型浣腸器特集>】という記事をブログに掲載したら、思いもかけずほぼ同時に何通かのお便りを頂いた。

 ・浣腸液には何をつかったらいいのか
 ・最初は1回にどのくらい注入していいのか
等の実際の浣腸プレイ上のものもあったのだが、特に気になったのが以下のお便りである。

(参考 浣腸動画)
(・・・目隠し・マンコ丸出しの拘束状態で「もうぐちゃぐちゃにしてください。いっぱいイジめてください」とつぶやく超ロリ娘は、進藤みか!お望みどおり、高速ドリルバイブをマンコにブチこみ絶叫させます!でもまだまだそれはほんの序の口!マンコとアナルの両穴に極太注射器で浣腸地獄!たまらずにどっぴゅーー!と・・・)

S初心者男性、パートナー有?:「・・・浣腸に興味があるが、言い出しにくくて困っている・・・」

M願望女性、パートナー無?:「まだSMの経験はありません。でも一つだけ気になるのが「お・浣・腸」です。わー、ついに言ってしまいました。ごめんなさーい・・・・」

 いっそこの二人を出会わせたいようなお便りだ。
 なにしろ、SMプレイを行うに当たってこの具体的な願望はパートナーを選び、最終的に快感を得るのは実に大切なことだからだ。
  
<まずは実際の浣腸シーンを>

 既に何度か書いたが個人的には浣腸プレイはSM世界へ飛び込むキッカケとなりその後の人生観を変えたと言っても過言ではない。
 間もなく三十歳になろうとしている時、古本屋でみつけたのがSM雑誌のグラビアで、大きな(たぶん容量が200ccくらい)浣腸器が緊縛された女性に突き立てられているシーンに衝撃を感じたのである。

(参考 浣腸動画2)
(無慈悲レベルの大量浣腸で、肛門制御不能に追い込んだ21人の名浣腸!インターネットや、投書などで熱い声が多く寄せられた作品を厳選チョイス。責め浣腸!緊縛浣腸・・・)

 浣腸プレイ→アナルプレイ→羞恥プレイ→フェチプレイ・・・

 その後、浣腸プレイ=SMとしての追っかけにより上記のように様々な展開があったが、やはり今もって原点と言えば浣腸プレイに戻るのである。
(小説も浣腸プレイを取り入れたものが多くなっている。例:SMアナル浣腸小説「SMのご用は台所で」浣腸・オモラシ・真性SM短編小説集「オナニー浣腸」・・・等々)

 今回、このタイミングで<注射器型浣腸器特集>としたのは、実際に浣腸シーンを見ることができる)「桜田伝次郎 悦虐飼育残虐浣腸劇」)「桜田伝次郎 悦虐飼育残虐浣腸劇」 が11/26(土)に開催されるのでその参考にと思ったからだ。

 むろん、AVでも浣腸プレイを見ることはできるが、気になる方はまずは実際の浣腸シーンをご覧になってはいかがだろうか。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考正しい浣腸調教で愛する方法
   浣腸器の歴史。
   アナルプラグと浣腸器~浣腸調教に向けて~
   暑さも忘れる浣腸プレイ
   アナルオナニー方法!初心者
DTI
記事検索
川口青樹著作品一覧
サークルプロフィール