(シバラレタイオンナ)

<テーマ選択ポイント>
 SM、縛り、そして縄師と言うと故明智伝鬼先生の名前を挙げられる方が多い。
本作品では、亡くなられる1年前、先生が定例開催されていた「浣虐調教撮影会」に真性M女神田つばき嬢が挑み、縄を通じてのSとMの優しい語らいが見事に表現されている。(故縄師明智伝鬼先生の縛りの思い出にひたりたい方には一品である)

<あらすじ>
「男はなぜ女を縛るのか、女はなぜ縛られたいと願うのか?」2005年7月に急逝した、もっとも愛された緊縛師・明智伝鬼と、47歳の緊縛モデル・神田つばきの『浣虐調教会』(2004年6月)の記録映像を初公開します。
 やさしい心、ぬくもりを求める孤独な心、一期一会のふれあい、すべてを包む厳しく美しい縄を堪能してください。

<映画> 
「縛られたいおんな 神田つばき」「縛られたいおんな 神田つばき」
出演者:明智伝鬼、神田つばき
メーカー:映天
レーベル:お局物語
ジャンル:熟女 SM 縛り
収録時間:60分
参考:「縛られたいおんな 2」「縛られたいおんな 2」(完全に縄酔いした神田つばきを責め倒す明智伝鬼。入魂の縄と拷問に興奮した熟女を参加者全員が浣腸→脱糞・・・)
(本作品に原作本はありません)

<参考:明智伝鬼(あけち でんき)>
(1940年9月11日 - 2005年7月17日)
 緊縛師。東京都出身。
 1970年代から活動を開始し、数々のAVに携わり、また頻繁にSMショーを開催するなど、緊縛の普及に大きな功績があった。
 海外でもrope artとして有名で、芸術としても評価が高い。捕縄術の研究家でもあった。
 緊縛は女性が主役で縄師は裏方という考えから、常に黒い服装で、黒のサングラスをかけていた。
 正式に襲名披露をした直系の弟子は明智炎華と明智蕾火の2名だが、両者とも襲名返上しており、現在は活動している弟子、後継者はいない。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<参考:神田(かんだ)つばき>
 専業主婦からアダルトライターに転身。
 『マニア倶楽部』『ニャン2倶楽部マニアックス』『SM秘小説』『あいしてあげる』『カルテ通信』『人妻熟女報告』『BUBKA EX』など、SM誌を中心に連載を執筆。
 AV女優、トークゲストとしても活動中。
 基本戦略は「考えるより行動したほうが早い!」(ブログ「神田つばきな日々」より引用) 

<本ブログ主宰川口青樹(カワグチ セイジュ)のお気に入り>
・首から下はギシギシと音が聞えてきそうなくらいに厳重に縛られているのに、顔はまるでそよ風を受けているようなM女
・プレイ中にそっとささやかれるSとMの語らい

◆◆このDVDをご覧になった方は感想をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのSMDVD・ビデオ・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:DVD・本の感想、オススメのSM系の映画・本

参考縛られたいおんな
   公開浣腸され人前で脱糞する熟女