<アヌス栓付きの貞操帯を着用>

 先般*拙著の小説の読後感想というより、ご主人様にその小説を読まされたという方からお便りを頂いた。
【4/10(水)「私も真美さんのように自分から「お浣腸をして下さい」と」】

*拙著の小説
SM・浣腸・放尿短編小説集「SM課題」(見知らぬ者を相手に自ら浣腸を求める娘・・「SM課題」、愛娘が十八歳を迎えた時隣に住むご主人様の許へ・・「偽装の環」、その行為は見る男たちにも見せる女たちにも興奮を・・「ピス・バー」の3本のSM・浣腸・放尿短編小説集)

 お話によれば、彼女はアヌス栓付きの貞操帯を着用し、排泄したい場合は、自分から「お浣腸をして下さい」とご主人様に言わなければならないとのことだ。
 
<貞操帯 参考動画>「貞操帯を着けられた女 希美まゆ」「貞操帯を着けられた女 希美まゆ」

<貞操帯グッズ>女性用アジャストスチール貞操帯
女性用アジャストスチール貞操帯


 今回のお便りも彼女のご主人様から命じられたようであり、しかも
>どうやらご主人様は小説の中に書かれたことをこれから一つずつお試しになるおつもりのようです。
とのことなので大変楽しみであり、まるで、そのままSM小説になりそうである。

<参考>

<「早く帰って浣腸してください」>

 ちなみに「SM課題」という短編小説は、真美という高校卒業したての娘が、父親の借金返済代わりとして、浣腸等アナルプレイを中心とした男たちの設定するSM場面に客を勧誘し、そのM女役を務め、いつしか、自分もその境遇にはまりこんでしまうというものだ。

 これは以前玲子(仮名)というM願望女性がいて、未だ自分の願望イメージが定かではないということで、その場で参考にいくつかのSMビデオを見せた。
 そのビデオの中で、*谷ナオミ主演の「花と蛇」で、谷ナオミが和服姿で縛られたまま、公園で「早く帰って浣腸してください」と言わされるシーンが一番感じたということで、実演プレイしたことが参考になっている。

 思えば羞恥な言葉をM女から言わせるというプレイスタイルも、彼女のとのプレイがキッカケになったかもしれない。

*谷ナオミ主演の「花と蛇」
「花と蛇」「花と蛇」

 ただ、玲子の場合は室内プレイだけだったが、「SM課題」という短編小説にあるように、野外での浣腸プレイまでに発展したのは留美(仮名)というM願望女性とのプレイが元になっている。
 尚、小説の冒頭のドラッグストアでのイチジク浣腸等の購入は、プレイ時に留美に与えた”課題”で、見事にそれをこなして見せてくれた。(ふだん彼女の住まいや通勤圏外場所で実施し、私は客のふりをしてその様子を見て、その会話も聞いていた。)

<参考>

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

 メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口宛)
 タイトル:SMプレイ体験orオススメのSM系の映画・本 

参考花と蛇 ネタバレ注意
   SM女優熊田曜子、イチジク浣腸
   花と蛇 特集
   ナオミ物語 第3章 花と蛇?生贄夫人
   『花と蛇』団鬼六