NO.276「露出癖M女のSパートナーは苦労する」

<わたしは天宇受賣命>
 W氏とそのパートナーのM女古典(こてん、仮名)嬢とは、ある文学的な交流会を通じて知り合ったそうである。
 海外文学が専門のS男と日本の古典文学専攻の女子大生のM女というSMカップルなのである。

 W氏は海外文学の専門性を生かして、まだ日本では知られていない、海外でも埋もれているような古典的なポルノを発掘するのが趣味で、探し当てた文献の中からたまたまSM的な内容のものを見つけ、紹介してくれたというのが私との付き合いの始まりで、ご自身もSMも一つの趣味として取り入れるようになったのである。
 以来できうる限りのSM経験をしてきたWではあるが、それまでMパートナーはいなかった。

 そこへ登場したのが女子大生の古典嬢である。
 というよりも彼女に引きずり込まれていったという方が正解だろう。
  
 二人が出席するSMパーティの席などで、突然彼女が、 
 「わたしは*天宇受賣命 (あめのうずめのみこと)」
と云い、
 「為神懸而掛出胸乳裳緒忍於番登
  (かむがかりなしてむなちかきいて もひもをほとにたれき)」
と謡い始めた時は、もはや手遅れ
である。

************************************************
人前で露出 参考動画
「猥褻バンプ 朝香美穂」(オープンカフェでオナニー、口内発射でザーメンを口に入れそのまま街を歩く、路上で大胆ストリップ)
************************************************

 彼女のその時の衣装にもよるが、共通して言えるのは、満座の中で、胸をはだけて乳房をあらわし、ノーパンの三角地帯が見え隠れするストリップまがいの踊りを披露しているのである。

 尚、その露出後、
「人前でご主人様の命令がないのに奴隷の身体をさらして」
というのが、二人だけのSMプレイのスタート点になる。

*天宇受賣命(あめのうずめのみこと)
 古事記(参考:
「古事記 現代語訳付き」
)や日本書紀(参考:日本書紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)、日本書紀では天鈿女命)に登場し、素戔嗚命の乱暴により高天原の天照大神が天の岩屋に隠れてしまい、そこから天照大神を連れ出す策として、他の神々の前で踊ったというのが天宇受賣命(あめのうずめのみこと)である。
 
************************************************
<生 野外露出SM>
「露恥裏・絶対服従露出ゲーム~伝説の元美少女ロリ・笠木忍を大自然連れ回し一泊旅行ヤりたい放題!!~」
************************************************
<桜の木に吊られるのが好き>
 一方、N○子嬢は、自然の樹木に吊られるのが好きである。
 この季節のねらい目は桜だ。
 あらかじめ枝振り等を調べてねらいを定め、人気のない公園の夜桜での吊りとしゃれこむのである。
 
 Sパートナーの近藤氏(仮名)は、忙しい。
 場所探しから、グッズの用意(縄だけではなく、滑車も)、緊縛、その緊縛現場写真の撮影と、一人で何役もこなさなくてはならない。
 
 ただ、それだけでは満足しないのが、N○子嬢の方で、彼女の一番の願望は一般の他の参加者もいる花見の席での桜の木からの吊りである。
 これにはむしろS側の近藤氏の方がタジタジとなってしまう。

************************************************
<お花見SMプレイ 参考動画「チョイ不良実行委員会 お花見浣腸三昧! お花見で大勢の人が賑わっている中、無理矢理浣腸して逆噴射させました!」
************************************************

 何しろ人目を気にしながらのことなのである。
 それでも夜桜はまだましだそうで、昼間のお花見席では、過去2回しか成功していないという。
 
 ”花よりも緊縛吊りのM女”
 の光景を求めるN○子嬢にまだまだしばらく近藤氏は悩まされそうである。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:初めての野外露出
   http://douga851.blog.fc2.com/blog-entry-107.html"">野外露出羞恥~街中パイパンばらし&公開緊縛SEX
   野外緊縛
   夜の野外露出撮影♪